2G ネットワーク使用時の Chrome の警告

Chromeでは、2Gネットワークでの訪問者のドキュメント.write呼び出しがブロックされる場合があります。

DTMをデプロイしたサイトに最新のChromeアップデートを使用すると、JavaScriptコンソールに、ネットワーク接続が不十分な場合にChromeがブラウザーの呼び出しをブロックする可能性があるという警告が表示される場合があります。 document.write Chromeでは、現在2Gネットワークを利用しているユーザーをターゲットにしていると特に言及しています。 Google Developers Webサイトの「Intervening against astドキュメント.write()」を参照してください。

2Gネットワークの使用量が少ないため、Googleが2Gに行う現在の介入は、現時点で企業のお客様に与える影響は最小限に抑えられます。 Adobeは、Googleがインターネットコミュニティの標準に反する慣行を引き続き推進する場合に、発生する可能性のある将来の問題に対して、事前に対処しています。

DTMの目標は、常に、この分野で最も強力で柔軟な機能を作成し、サポートすることです。 これには、同期と非同期の両方のテクノロジーを活用できる機能も含まれます。

2G Chromeユーザーを問題としている場合は、より非同期的なDTMのデプロイメントを使用し、DTMの堅牢な非同期固有の機能を引き続き使用できます。

この警告が表示され、すべての呼び出しを削除する(警告が表示されない)非同期DTM設定をデプロイする場合は、次の節を参照して document.write ください。

Target

DTM経由のターゲットを使用し、Chromeを使用する2G携帯電話ネットワークの訪問者に関する懸念がある場合は、以下の手順を実行してください。

  1. DTMターゲットツールで、ターゲットコードをmbox.jsからat.jsに更新します。

    必ずカスタムコードエディターを使用してください。

    at.jsを使用したターゲットの実装について詳しくは、ターゲットのヘルプの at.js Implementation (AT.JSの実装)を参照してください。

  2. DTMターゲットツールで Load Adobe Target Library synchronously チェックボックスをオフにします。

  3. デプロイする前に十分なテストを行ってください。

    メモ

    ターゲットライブラリを非同期で読み込むと警告を回避できますが、デフォルトコンテンツが対象コンテンツの前に読み込まれると、ページ上で「ちらつき」が発生する場合があります。

サードパーティタグ

DTMのルールを介してサードパーティタグをデプロイする場合、Chromeを使用する2G携帯電話ネットワークの訪問者が問題になると考えられる場合は、以下の手順を実行してください。

  1. またはを介してデプロイされた、または配置ルール用 Sequential JavaScript または Sequential HTML 配置ルール用のすべてのサードパーティスクリプトを確認し top of page bottom of page ます。

  2. コードエディターで、「Type」を「 Non-Sequential JavaScript or」に変更し Non-Sequential HTMLます。

    メモ

    同期を必要とする機能は動作しなくなります。

  3. エディター内でコードを確認し、を使用していないことを確認し document.writeます。

    DTMを介してデプロイされるコードで、を使用するものはすべて、影響を受け document.write る可能性があります。

  4. デプロイする前に十分なテストを行ってください。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now