Dynamic Tag Management を使用した Adobe Target の実装のベストプラクティス

Adobe Dynamic Tag Management(DTM)を使用すれば、Adobe Target を Web サイトにすばやく簡単に実装できます。

最終更新日:2016 年 1 月 27 日

業界やビジネス要件に応じて、Target を実装する方法は様々です。DTM または Target コンサルタントと連携して実装戦略を策定し、このガイドを使用して DTM を実現します。

前提条件

このガイドの手順に従う前に、以下の前提条件が満たされていることを前提としています。

前提条件: 詳しくは、次を参照してください。

DTM インターフェイスにアクセスできる。

Dynamic Tag Management 製品ドキュメントのはじめに」。

関連する DTM プロパティを設定している。

Dynamic Tag Management 製品ドキュメントのWeb プロパティ」。

Web サイトに DTM 埋め込みコードを追加している。

Dynamic Tag Management 製品ドキュメントの埋め込みコードおよびホスティングオプション」。

DTM インターフェイス、ルールの設定方法などについての基本的な知識を持っている。

Dynamic Tag Management 製品ドキュメント

DTM コードを承認および公開する権限を持っている。

Dynamic Tag Management 製品ドキュメントのユーザーと権限」。

Target インターフェイスにアクセスできます。

Adobe Target 製品ドキュメント

上記の前提条件について不明な点がある場合は、カスタマーケアにご相談いただくか、このガイドの「その他のリソース」の節を参照してください。

このページ