Device Co-opの用語集

Device Co-opで使用される用語集。

Adobe Experience Cloud・デバイス協会

プログラムは、すべてのAdobeのお客様のブランドのグループで、ユーザーがデバイス間で個人をより良く識別し、より有意義で一貫性のあるエクスペリエンスを提供するために使用するデバイスに関するデータを共有することに同意したお客様です。 結果がExperience Cloudのコアサービスとなり、マーケターが顧客/消費者をチャネル、ソリューション、エクスペリエンスおよびデバイス全体で一貫して特定するのに役立つテクノロジー。

決定論的リンク

認証に基づいてデバイスを人にリンクします(例:デバイス上の人がログオンする)。 「 決定論的リンクと確率的リンク」を参照

デバイス

の文脈では、 Device Graphは二重の意味 device を持つ。 1つ目は、デバイスが他のデバイスを実行する、タブレット、スマートフォン、デスクトップなどのハードウェアデバイスです。 第2に、デバイスとは、モバイル、デスクトップ、またはブランドに関与するその他のインタラクションポイントです。 現在、ユーザーが使用するデバイスごとに一意の Experience Cloud IDが割り当てられます。 例えば、同じユーザーがデスクトップのChrome、ノートパソコンのFirefox、Androidフォンのアプリのブランドに関与する場合があります。 この場合、Chrome、Firefoxおよびアプリはすべて「デバイス」と見なされます。

1人あたりのデバイス数

デバイス」を参照してください。

デバイス広告ID(DAID)

各ハードウェアデバイスに固有のID。広告の目的で使用されます。 通常、デバイスまたはデバイスのオペレーティングシステムの製造元(IDFA、GAID、Roku ID、Playstation IDなど)が提供します。

デバイスグラフ

は、すべての人 Device Graph とそれらに関連付けられたデバイスのセットです。 Device Co-opがを生成し Device Graphます。

リンク

タッチポイントを通じて デバイスをグループ化

確率的リンク

閲覧行動、IPアドレス、オペレーティングシステムなどの特性に基づいて、アルゴリズムに基づいてデバイスを人にリンクします。 「 決定論的リンクと確率的リンク」を参照してください。

このページ