メンバーシップ要件

会社Device Co-opを使用して開始を行うには、Experience Cloudがこれらの最小基準を満たしている必要があります。

要件

Adobe representative to get startedにお問い合わせください。 Adobeは、見込み客のDevice Co-opへの参加が(1)適用法に違反するとAdobeが判断した場合、Experience CloudDevice Co-opへの参加を見込み客に拒否する権利を留保します。(2)Adobe又はその顧客の安全又は運用に重大なリスクを与える。

Experience Cloud要件

Adobe Experience Cloudを有効にし、次のソリューションとサービスを使用してco-opに参加する必要があります。

ソリューション

申込者は、次のAdobeソリューションの少なくとも1つを使用する必要があります。

コアサービス

申込者は、Experience CloudIDサービスを導入する必要があります。

Adobeコードライブラリの要件

次の表に、様々なExperience Cloudソリューションおよびサービスで使用されるコードライブラリまたはSDKの最小バージョンを示します。 このコードのいずれかを使用し、Device Co-opに参加する場合は、以下の最小要件を満たしていることを確認してください。

ヒント

ベストプラクティスとして、必要な最小コードではなく、最新のコードバージョンを使用することをお勧めします。

AppMeasurement(Flash)

バージョン4.1が必要です。AppMeasurement forFlash、Flex、AIRを参照してください。

AppMeasurement(JavaScript)

バージョン1.5.4が必要です。AppMeasurement forFlash、Flex、AIRを参照してください。

モバイル SDK

モバイルSDKの最小要件:

  • Android バージョン 4.8.3.
  • iOS バージョン 4.8.5.

Experience Cloud IDサービスに対してSDKコードを有効にする必要があります。 AdobeMobile Servicesアカウントの各アプリ用に、最新のSDKコードを有効にしてダウンロードします。 「SDK訪問者IDサービスの設定」を参照してください。

SDKごとに、ニーズに合った適切なvisitorSyncIdentifierメソッドを使用します。 以下を参照してください。

VisitorAPI.js

バージョン1.5.4が必要です。

Analytics お客様は、からVisitorAPI.jsライブラリをダウンロードでき Code Managerます。このファイルは、JavaScript(新規)ファイルまたはJavaScript(レガシー)ファイルにあります。 カスタマーケアにお問い合わせください(お客様がCode Managerにアクセスできない場合)。

ターゲットライブラリ

次のTarget JavaScriptライブラリのいずれかが必要です。

  • at.js(任意のバージョン)
  • mbox.jsバージョン58以降

このページ