変換の設定

変換機能は、InsightサーバーのFSUマシン上で実行され、他のアプリケーションで使用するログソースデータをエクスポートできるようになります。

Transform は、 .vsl ファイル、ログファイル、XMLファイル、ODBCデータを読み取り、データを .vsl ファイル、テキストファイル、または区切り文字付きテキストファイルとして書き出すことができます。これらのファイルは、data warehouseの読み込みルーチン、監査機関、その他のターゲットで使用できます。データの抽出と変換は、常時実行できるほか、スケジュールに基づいて実行することもできます。変更されたイベントデータの出力を提供する各Insight Server FSUは、Transformを実行する必要があります。

メモ

通常、TransformはInsight Server FSUにインストールされます。 ただし、お客様の導入では、Insight Server DPUへのインストールが必要になる場合があります。 詳しくは、アドビにお問い合わせください。

Transform をインストール、設定および操作するための必要システム構成について詳しくは、必要システム構成​のドキュメントを参照してください。

AdobeはTransform機能をInsight Serverリリースパッケージの.zipファイル内にプロファイルとして配布しています。 Transformプロファイルは、Insight Serverに追加機能を提供する内部プロファイルです。 Adobeが提供する他のすべての内部プロファイルと同様に、プロファイルは変更しないでください。 すべてのカスタマイズは、お客様のデータセットまたはお客様が作成する役割に特有のプロファイルまたはその他のプロファイルで行う必要があります。

プロファイルは、次のファイルで構成されます。

  • Log Processing.cfg
  • [!DNL Insight] Transform.cfg
  • [!DNL Insight] Transform Mode.cfg
  • ログ処理データセットインクルードファイル

これらのファイルはすべて、プロファイルのDatasetフォルダーにあります。

に Transform プロファイルをインストールするにはInsight Server

メモ

以下のインストール手順は、Insightをインストールし、InsightとTransformをインストールするInsight Serverとの間に接続を確立したことを前提としています。 まだ実行していない場合は、* Insightユーザーガイド*を参照してください。

  1. Insight Serverリリースパッケージの.zipファイルを開き、.zipファイル内のProfilesフォルダーを開きます。

  2. TransformフォルダーをInsight ServerインストールディレクトリのProfilesフォルダーにコピーします。 次の例に示すように、Insight Server上の…\Profiles\Transformフォルダーで終わりたい。

    ステップ情報

    メモ

    Insight Serverのインストール手順をすべて実行した場合(Insight Serverを参照)は、プロファイルーディレクトリに既にTransformフォルダーが存在する可能性があります。

  3. Transformを使用するプロファイルのprofile.cfgファイルを更新するには、次の手順を実行します。 データセットは、これらの手順が完了すると再処理されます。

    1. Profile Manager.

    2. profile.cfgの横のチェックマークを右クリックし、Make Local​をクリックします。 このファイル用のチェックマークが User 列に表示されます。

    3. 新しく作成されたチェックマークを右クリックし、Open/in Insight​をクリックします。 profile.cfgウィンドウが表示されます。

    4. profile.cfgウィンドウで​Directories​を右クリックし、Add new/Directory​をクリックします。

      新しいディレクトリをディレクトリのリストの最後に追加するには、リスト内の最後のディレクトリの番号または名前を右クリックし、Add new/Directory​をクリックします。

    5. 新しいディレクトリの名前を入力します。Transform

    6. ウィンドウ上部の​(modified)​を右クリックし、Save​をクリックします。

    7. Profile Managerで、User列のprofile.cfgのチェックマークを右クリックし、Save to/profile name>​をクリックします。

      メモ

      変更した設定ファイルは、Adobeが提供する内部プロファイル(プロファイルを含む)には一切保存しないでください。内部プロファイルに対するアップデートをインストールすると変更内容が上書きされます。

このページ