リピーターの管理

リピーター機能の管理タスクは、Insight Serverの管理環境と非常に似ています。

次の管理タスクが適用されます。リピーターサーバーで Insight Server DPUを使用できるようにするために必要な例外または変更は、各手順の後に記録されます。

  • 電子証明書の再検証

  • サービスの実行状態の確認 [サービス]コントロールパネルのサービスのリストで、[リピータ]を探します。

  • アクセス制御の設定

  • ディスクスペースの監視 :リピーターサーバーに適用されるデータタイプは、イベント、オペレーティングシステム、およびシステムデータです。 バックアップストレージにリピーターサーバーを使用していて、そのコンピューター上でより多くのデータストレージ容量を使用できるようになった場合は、最新のログファイル以外のすべてを別のマシンまたはデータストレージ媒体(zipドライブ、テープなど)に移動できます。 データを移動する場合、リピーターサービスを停止する必要はありません。

    メモ

    Repeaterからファイルを削除する前に、 .vsl ファイルのバックアップコピーの整合性を確認する必要があります。

  • 管理アラートの設定

  • 管理イベントの監視

  • 監査ログの監視

  • 通信の設定

  • サービス Repeater 機能の再起動は、継続的に実行するように設計されています。 マシンを再起動すると、リピーターが自動的に再起動します。 リピーターを手動で開始して停止する必要がある場合は、Windowsの[サービス]コントロールパネルを使用して実行できます。

このページ