イベントデータ容量の監視

イベントのデータ領域の監視とSensorデータのログディレクトリの変更に関する情報です。

推奨頻度: 5 ~ 10分ごと

Insight Server では、設定に応じて、1日 Sensor に1つのログファイルをデータ処理ユニットまたはファイルサーバーユニットに保存します。 ログファイルのサイズとログファイルに必要なデータストレージ領域の量は、ログに記録されるWebサイトの数や1秒あたりに受け取る要求の数など、多くの変数によって異なります。

(またはクラスタ)の一般的なインストール Insight Server では、複数のテラバイトのデータを格納できます。実装では、 Insight ServerInsight Server マシンのAdobeが推奨するハードウェアが使用されると仮定します。

通常、すべてのログデータは Insight Server マシン上に残ります。 コンピューター上で使用可能なデータストレージ領域を増やす必要が生じた場合は、最新のログファイル以外のすべてのログファイルを別のコンピューターまたはデータストレージ媒体(zipドライブ、テープなど)に移動できます。 データを移動する際に停止する必要はありません。また、連続データに接続し Insight Serverて作業している場合でも、データを移動しても機能に影響を与えるこ InsightsInsight Server とはありません。 分析データセットを処理または再処理しない場合、以前のすべてのデータへのアクセスを維持し、で引き続き新しいデータを使用でき Insightます。 分析データセットを処理または再処理する場合、処理が完了するまでデータにアクセスできません。

デフォルトでは、によって生成され、に送信され Sensor たイベントデータは、インストー Insight Server ルディレクトリ内 LogsInsight Server のフォルダに格納されます。 Communications構成ファイル Communications.cfgは、読み取り元のイベントデータログファイルの場所を指定し Insight Serverます。

データのログディレクトリを変更するにはSensor

  1. の「>」 Insightタブで Admin 、 Dataset and ProfileServers Manager サムネールをクリックしてサーバーマネージャーワークスペースを開きます。

  2. 設定するアイコンを右クリック Insight Server し、をクリックし Server Files​ます。

  3. In the Server Files Manager, click Components to view its contents. Communications.cfg ファイルは、このディレクトリ内に格納されています。

  4. Right-click the check mark in the server name column for Communications.cfg and click Make Local. A check mark appears in the Temp column for Communications.cfg.

  5. Right-click the newly created check mark in the Temp column and click Open > in Insight.

  6. In the Communications.cfg window, click component to view its contents.

  7. In the Communications.cfg window, click Servers to view its contents. 次のような種類のサーバが表示されます。ファイルサーバー、ログサーバー、Initサーバー、ステータスサーバー、送信サーバー、または複製サーバー。

  8. LoggingServer(処理対象のログファイルを Sensor 書き込む場所)を探し、その番号をクリックし Insight Serverてメニューを表示します。

    ステップ情報

    The default log directory is the Logs folder within the Insight Server installation directory.

  9. Log Directory パラメーターを編集して、ログファイルの適切な場所を反映します。

    メモ

    LoggingServer のパラメーター以外は編集しないでください。

    サーバーノードには複数のFileServerが表示される場合があるので、変更するログのローカルパスを持つサーバーを見つけるには、その内容を( Servers リスト内で数字をクリックして)表示する必要がある場合があります。

  10. ローカルパスを編集して、 .vsl ファイルの場所を反映します。

    メモ

    FileServerのその他のパラメーターは変更しないでください。

    ログファイル内のログファイルの場所は変更されていますが、FileServerのURIとして/Logs/を指定することで、これらのファイルを Communications.cfgServer Files Manager のLogsディレクトリにマッピングできます。

  11. 次の操作を行って、変更をサーバーに保存します。

    1. ウィンドウ上部 (modified) を右クリックし、をクリックし Save​ます。

    2. で、列内 Server Files Managerのファイルのチェックマークを右クリックし、 Temp / Save to < >を選択します​server name

このページ