Data Workbenchサーバーへのアクセスの有効化

Data Workbenchサーバーに接続するには、Report Serverにそのサーバーへのアクセス権が必要です。

Data Workbenchサーバーへのアクセスを許可するには、Report Serverの共通名(Report Serverのデジタル証明書で割り当てられた名前)をサーバーのアクセス制御ファイルに追加します。

NOTE

クラスター環境で作業する場合は、同期の問題を回避するために、マスターData WorkbenchサーバーにアクセスするようにReport Serverを設定する必要があります。 In data workbench you can view information about processing servers in your cluster using the Related Servers menu item in the Servers Manager. For more information about the Servers Manager, see the Administrative Interfaces chapter of the Data Workbench User Guide.

次の手順では、Data Workbenchサーバー上のアクセス制御ファイルにReport Serverを手動で追加する方法を説明します。 この方法でアクセス制御ファイルを更新するには、Data Workbenchサーバーがインストールされているマシン上のファイルシステムアクセス権が必要です。

また、Data Workbenchのを使用して、サーバーのアクセス制御ファイルを更 Server Files Manager 新することもできます。 これを行うには、Data Workbenchクライアントがサーバー上での管理権限を持っている必要があります。

For more information about the Server Files Manager, see the Administrative Interfaces chapter of the Data Workbench User Guide.

Data Workbenchサーバーへのアクセスを設定するには

  1. Data Workbenchサーバー(InsightServer64.exe)をインストールしたディレクトリ内のAccess Controlフォルダーに移動します。

    例:C:\Adobe\Server\Access Control

  2. メモ帳 Access Control.cfg などのテキストエディターで開きます。

  3. を探し、次のフ Report Server AccessGroup ァイルフ Report Server’s ラグメントでハイライト表示されている通りに、このグループに共通名を追加します。 (共通名は、デジタル証明書に表示されるとおりに Report Server’s 入力します)。

    . . .
      5 = AccessGroup: 
        Members = vector: 1 items
          0 = string: CN: ReportCommonName
        Name = string: Report Server
        Read-Only Access = vector: 5 items
          0 = string: /Profiles/$
          1 = string: /Status/
          3 = string: /Software/
          4 = string: /Addresses/
          5 = string: /Users/$
        Read-Write Access = vector: 3 items
          0 = string: /Profiles/
          1 = string: /Users/%CN%/
          2 = string: /ReportStatus.vsp
       . . .
    
  4. ファイルを保存します。

このページ