Configuring the Connection to the Insight Server

レポートとアラートを生成する前に、Insightサーバーのアドレスを指定し、レポート対象のプロファイルを指定するようにレポートサーバーを設定する必要があります。

メモ

以下の説明に従ってReport Serverを設定するまで、Report Serverを正常に実行することはできません。 プログラムと共にインストールされた設定されていないファイルでReport Serverを実行しようとすると、Report Serverはエラーのストリームを生成します。

Report Serverを設定するには

  1. Windowsエクスプローラで、Report Serverをインストールしたディレクトリに移動します。

  2. メモ帳でフ ReportServer.cfg ァイルを開き、必要に応じてファイルを変更します。

    次のサンプルには、デ Report Server.cfg フォルトでファイルに含まれてい Report Server.cfg るパラメータのみが含まれています(必要なパラメータ設定がハイライト表示されています)。 プロキシサーバーを通じてAdobe License Serverに接続する場合は、Licensingベクトルとそのパラメーターを追加する必要があります。 詳しく は、Report Server.cfgのパラメーター (英語のみ)を参照してください。

    Fonts = vector: 0 items
    Gamma = float: 1.6
    Network Location = string: NetworkLocationName
    Servers = vector: 1 items
      0 = serverInfo:
        Address = string: ServerIPAddress
        Name = string: 
        Port = int: 443
        Proxy Address = string:
        Proxy Password = string:
        Proxy Port = int: 8080
        Proxy User Name = string:
        SSL Client Certificate = string: ReportCertFileName.pem
        SSL Server Common Name = string: ServerCommonName
        Use SSL = bool: true
    Result Memory Limit (KB) = double: 100000
    Maximum Slice Size = int: 30
    Use OpenGL Hardware Rendering = bool: true
    Reporting = :
      Profiles = vector: 1 items
        0 = ReportProfile:
          Server = string: ServerCommonName
          Profile = string: ProfileName
      Update Interval (minutes) = int: 10
      Completion Message Interval (seconds) = int: 600
      Status interval (seconds) = int: 600
      SMTP Server for Errors = string: SMTPServerHostName
      SMTP Server for Errors Username = string: SMTPServerUsername
      SMTP Server for Errors Password = string: SMTPServerPassword
      SMTP Server for Errors Send From = string: SenderAddress
      SMTP Server for Errors Send To = string: RecipientAddresses
    
  3. ファイルを保存して閉じます。

このページ