仮想ディレクトリへの Report Portal ページのマッピング

Report Portalを設定するには、そのアプリケーションファイルを仮想ディレクトリにマッピングする必要があります。

仮想ディレクトリは、ブラウザークライアントがIISアプリケーションサーバー上の物理リソースを見つける際に使用するアドレスを定義します。 Report Portalにアクセスするために、クライアントは、ポータルに割り当てた仮想ディレクトリをブラウザーで指し示します。

Report Portalに割り当てる仮想ディレクトリの名前は、前の節の手順3でVSVirtualPortalNameフォルダーに使用した名前と一致する必要があります。 例えば、Report Portalの名前として「Portal」を使用する場合は、ポータルのファイルを「Portal」という名前の仮想ディレクトリにマップする必要があります。 次の例は、クライアントがmyWebServerと呼ばれるサーバー上の仮想ディレクトリVisualReportPortalに割り当てられたReport Portalにアクセスするために使用するURIを示しています。

http://myWebServer/VisualReportPortal

以下の手順では、IIS 5.0、6.0および7.0以降の仮想ディレクトリにReport Portalをマッピングする方法を説明します。

使用しているIISのバージョンに関する一連の手順に従います。

このページ