Data Workbench 6.6 のリリースノート

Data Workbench 6.6 のリリースノートには、新機能、アップグレード要件、バグの修正および既知の問題が記載されています。

新機能

Data Workbench 6.6 には、次の新機能が含まれています。

スマート機能選択

傾向スコアリングのビジュアライゼーションを使用する場合は、スマート機能の自動選択が可能です。多数の指標やディメンションから変数を個別に選択する必要がなくなりました。

オプション/機能​を選択して、機能選択メニューを有効にします。「機能を減らす」オプションが選択されていない場合、ユーザーが追加した指標を保持したまま、指標セット全体から別のモデル入力が自動的に検索されるようにすることができます。「機能を減らす」をオンにした場合、ユーザーの指標から最も関連性の高い指標が自動的に選択されます。

メモ

While using Smart Feature Selection for an empty model, Feature Selection Settings are redundant.

レベル設定​メニューから「機能を増やす」または「機能を減らす」を選択すると、選択アルゴリズムによってモデルに機能セットが追加されます。場合によっては、どちらの種類の設定でも同じモデルが返されることがあります。セグメントエクスポートウィザ ード [(英語のみ):セ]グメントエクスポート(Wizardhttps://docs.adobe.com/content/help/en/data-workbench/using/client/export-data/segment-export.html)では、セグメントの設定とエクスポートの手順を説明します。

Target へのエクスポート用の新しいエクスポート実行可能ファイル

Adobe Target データのエクスポートを実行するために、TargetBulkUpload.exe に代わる、ExportIntegration.exe が新しく開発されました。If a user wants to move legacy exports to TargetBulkUpload.exe, then exports have to be changed (change mbox3rdPartyId to thirdPartyId).

L4 ログ

An option for L4 Logging has been added under Server > Admin > Export menu ,as well as a new configuration file (loggingDetails.cfg). これにより、GE ログと L4 ログを有効または無効にすることができます。デフォルトでは、設定ファイルに L4 ログは true に、GE ログは false にそれぞれ設定されていますが、必要に応じてこれらの設定を変更できます。これは、exportintegration.exe を使用するエクスポートの場合にのみ当てはまります。

プレゼンテーションレイヤーの新オプション

プレゼンテーションレイヤー内で、円と長方形の透明度と境界線の太さを設定できるようになりました。オブジェクトを右クリックし、「塗りなし」を選択すると、そのオブジェクトが透明になります。境界線の太さについては、「アウトライン」に、「細い」、「中」、「太い」、「最も太い」の4つのオプションが用意されています。

クロス集計の弦の図と関連付けの弦の図の新しいオプション

クロス集計の弦の図と関連付けの弦の図に新しいグループ用オプションが追加されました。右クリックメニューに「グループを追加」、「グループを削除」、「グループに追加」が含まれるようになりました。

弦にデータを入力するとグループが表示されます。同じグループの「すべてのエレメント」部分はグループのカラーに基づきます。要素のカラーを設定するようにグループのカラーを設定することができます。グループが削除された場合、要素は「グループ化解除」に移動されます。

注釈の透明度と境界線の太さの設定

ワークスペースでビジュアライゼーションを強調し、注釈を付けるために、円と長方形の透明度と境界線の太さを設定できるようになりました。円と長方形の新しいオプションには、透明度を設定する「塗りなし」オプションと、境界線の太さを設定する「細い」、「」、「最も太い」などがあります。

XML デコーダーの機能強化

XML パス内で #value タグを使用して、XML ウェブサイト要素の値を取り出せるようになりました。For example, you can now read the attribute value of the <Hit><Page name="Home Page" index="20">home.html </Page></Hit> tag using a Hit.Page.#value 式を使用して読み取ることができます。See XML Decoder Groups for additional information.

傾向スコアの新機能

新しい「機能選択」機能により、ツールバーボタンから、フィルターの保存​か傾向スコアリングの自動起動のどちらかを選択できるようになりました。傾向スコアリングでは、従属変数に適用される選択済みワークスペースでビルダーを開き、選択された機能を有効にし、ユーザーが「移動」をクリックして開始できるようにします。

さらに、傾向スコアモデルを JavaScript ファイルとして保存できるようになりました。モデルが作成されたら、保存JavaScript を保存​を選択します。

訪問レベルの予測ビルダーの追加

訪問数を、傾向スコアリング、クラスタリング、意思決定ツリーのルート加算ディメンションとする新しい予測ビルダーが追加されました。

待ち時間ビジュアライゼーションの追加

一連の待ち時間ビジュアライゼーションが追加されました。以前の待ち時間ビジュアライゼーションでは、イベント前後の(7 日前から 7 日後まで)の等しい期間をチェックし、割り当てを作成していました。クリップ 1 つにつき、イベントが 1 つの場合にのみ機能しましたが、複数の変換のように、イベントが複数ある場合は妥当な結果が得られませんでした。

待ち時間ビジュアライゼーションを再編成して、イベントの前、イベントの後、単一イベントの前後の待ち時間を評価するように設定できる待ち時間ビジュアライゼーションをメニューに追加しました。

report.cfg

report.cfg 設定ツリーで、日付をカレンダー形式で表示できるようになりました。

弦のビジュアライゼーションの更新

Implemented the ability to scale in the Chord Visualization and Pie Chart visualizations. You can scale by holding down <Ctrl> key and using the mouse wheel, or by right-clicking on the window border, selecting a value to scale, and entering a value.

詳細なステータスへのアクセス

Sensor 5.0 では以下をサポートしています。

  • SHA256 で署名された 2048 ビットの証明書
  • Linux、Sun Solaris、FreeBSD で動作する Apache Server 2.4
  • Windows Server 2000 以降で動作する Apache Server 2.4

詳細なステータス​へのアクセスが、デフォルトでパワーユーザーと管理者のみに制限されるようになりました。

システムの更新

このリリースでは、以下の機能が名前変更または削除され、インストールファイルまたはフォルダーが再編成されました。

  • reportserver.cfg ファイルのデフォルトの拡張子が .xlsx になりました。

  • Insight.cfg(設定ツリー)に以下が追加されました。

    • 書式:printfInsight.cfg ツリーから printf 書式を設定できるようになりました。

    • V3D:関連する 3 つの編集ボックスを使って V3D 設定を設定できるようになりました。

    • 日付と時刻:ドロップダウンメニューから日付と時刻を設定できるようになりました。

  • URL テーブル要素のオプションメニューからページオーバーレイ機能が削除されました。ページオーバーレイビジュアライゼーションが含まれている以前のワークスペースで「ページを更新」メニューオプションをクリックすると、ダイアログが開いて「セキュリティ上の理由から、この機能は廃止されました。」というメッセージが表示されます。

修正されたバグ

(Data Workbench 6.52 のリリース以降に)Data Workbench 6.6 で行われた重要な修正を次に示します。

  • 最適なアトリビューション(アルゴリズムアトリビューション)の修正:SGD を使用して収束させる場合に係数がすべてゼロになっていました)。この問題が修正されました。

既知の問題

  • The targetbulkupload.exe requires command-line arguments in English. Adobe Target へのエクスポート、プロファイルおよびオーディエンスのエクスポート、顧客レコードサービスのエクスポートの場合、出力ファイル名は英語で付ける必要があります。

このページ