参照ページタグ実行スクリプトの編集

参照ページタグは、Webサーバー上にあるページタグ実行スクリプトで構成され、呼び出されると、サイト訪問者が要求したページのクライアント側のすべてのデータが収集されます。

Reference Page Tag Execution Scriptを変更して、Adobeコンサルティングサービスチームとの要件収集会議で特定される可能性のある追加情報を収集できます。 Reference Page Tag Execution Scriptは、Webページへの大きなダウンロードの追加を避けるために、サイズが比較的小さくなります。

次のReference Page Tag Execution Scriptコードは、zig.jsという名前のファイルで提供されます。

//REFERENCE PAGE TAG 
// CONSTANTS 
var ct = "<img src="; 
var cd = "[PATH_TO_WEB_SERVER]"; //this should contain the domain of 
                               //the web site that will host the 
                                //page tag 
 
var cu = "[PATH_TO_WEB_PAGE_TAG_CODE]/zag.gif?Log=1";  
                                 //this should contain the full path to 
                                 //the zag.gif file (excluding domain) 
                                 //and include the query string of log=1 
var ce = ">"; 
var c = {}; 
c["sw"] = screen.width; 
c["sh"] = screen.height; 
c["cd"] = screen.colorDepth; 
var co = ""; 
 
for ( cKey in c ) { 
co = co+"&"+cKey+"="+escape(c[cKey]); 
} 
document.write(ct,cd,cu,co,ce); 
 
var d = {}; 
d["dt"] = document.title; 
d["dr"] = document.referrer; 
d["cb"] = new Date().getTime(); 
var vo = ""; 
 
if (typeof v != "undefined") { 
for ( vKey in v ) { 
vo = vo+"&"+vKey+"="+escape(v[vKey]); 
} 
} 
for ( dKey in d ) { 
vo = vo+"&"+dKey+"="+escape(d[dKey]); 
} 
document.write(ct,cd,cu,vo,ce); 
//END REFERENCE PAGE TAG 

Reference Page Tagを使用したデータ収集を容易にするには、次の手順を実行します。

  1. zag.gifという名前の1ピクセルx 1ピクセルの画像ファイルを作成するか、Webサーバー上に存在するディレクトリに配置します。

  2. cd変数を変更して、Webサイトまたはzag.gifファイルの参照元であるAdobe管理サービスドメインの適切なドメインを参照します。 ファイルへの参照は、zig.jsファイル関数の実行によって作成されます。 次に例を示します。

    //www.mysite.com
    
  3. cu変数を変更して、zag.gifファイルの場所に適したパスを参照します。 例:

    /scripts
    
  4. zag.gifファイルとzig.jsファイルに対して適切なキャッシュ制御ヘッダーが確立されていることを確認します。

このページ