ドキュメントオブジェクトの取得

JavaScriptドキュメントオブジェクトモデルを使用すると、追加のスクリプティングメソッドを使用してzig.jsファイルのリクエストを拡張できます。

METAタグの値、DIVタグのID値などの情報を名前で参照し、変数として収集して分析に使用できます。 例えば、HTMLドキュメントのMETA要素内に含まれる情報を動的にキャプチャするには、次のJavaScript構文を使用できます。

<!-- BEGIN REFERENCE PAGE TAG--> 
<script language="javascript"> 
var m0 = document.getElementsByTagName('META')[0]; //define the first instance of META 
var metacontent = m0.getAttribute('content'); //get the ‘content’ value of META 
var vlc = "0" //Capture Link Click  1=TRUE, 0=FALSE 
var v = {}; 
v["_1"] = metacontent; 
</script> 
 
<script language="javascript" src=”http://www.myserver.com/path/to/zig.js" type="text/javascript"></script> 
 
<noscript> 
<img src="/path/to/zag.gif?Log=1&v_jd=1" border="0" width="1" height="1"/> 
</noscript> 
 
<!-- END REFERENCE PAGE TAG-->
収集されたデータ 説明
v_1= METAVALUEクエリー文字列変数に関連付けられた値。 この値は、HTMLドキュメントのMETA要素内のデータを表します。 v_1=このページは、「ご注文ありがとうございました」ページに関連するコンテンツを提供します。

データを収集した後、分析とレポートを目的として、この測定データを処理するようにData Workbenchサーバーを設定できます。

このページ