クエリ文字列について

クエリ文字列(cs-uri-query)は、HTTPのステートレス性を考慮して、Webアプリケーションやサイト開発者がページ間で情報を渡す際によく使用されます。

多くの場合、SensorがWebサーバーで情報を取得する際に、クエリー文字列に情報が渡される場合があります。 Siteは、このような情報を使用して、サイトの真の構造と、サイトを通る訪問者のパス、その他の情報を照らすことができます。

一部の動的なWebサイトでは、訪問者が実際にリクエストするページを判断するために、クエリ文字列内のname=valueのペア(変数)が重要です。 このような場合、URLは、次のような構造になります。

http://www.myserver.com/pageserved.asp?PAGENAME=HOME

この例では、実際にPAGENAMEが、このURLの要求者に提供されるページのインジケーターです。 多くのWebログ分析ツールやサービスは、サイトのURLのクエリ文字列で発生するクエリ文字列変数に基づいて、サイトのオペレーターがサイト内のページを定義する機能を制限します。 Data WorkbenchサーバーとData Workbenchは、このようなクエリ名を使用して一意のページを定義するように設定できます。 多くのシステムでは次のURLが同じページとして解釈されますが、 Siteでは解釈されないので、これは重要です。

http://www.myserver.com/pageserved.asp?PAGENAME=HOME
http://www.myserver.com/pageserved.asp?PAGENAME=HOME2

同様に、サイト開発者やアプリケーションは、多くの場合、リクエストされる実際のページを識別するのとは関係のない、サイトのURLに多くのクエリー文字列変数を追加します。 以下に例を示します。

http://www.myserver.com/pageserved.asp?PAGENAME=HOME&CAMPAIGN=10001
http://www.myserver.com/pageserved.asp?PAGENAME=HOME&CAMPAIGN=10002
http://www.myserver.com/pageserved.asp?PAGENAME=HOME&CAMPAIGN=10003

この例では、クエリ文字列変数CAMPAIGN=がURLに追加されています。 このCAMPAIGN変数は、訪問者がこのURLを選択した原因となったマーケティングキャンペーンを示すために使用されます。 Site このキャンペーン情報を使用するように設定できますが、訪問者が閲覧したページの定義とは切り離して、レポートや分析のためにページのリストで次のように表示できます。

http://www.myserver.com/pageserved.asp?PAGENAME=HOME

このページ