クエリ文字列について

クエリ文字列(cs-uri-クエリ)は、HTTPのステートレスな特性を持つので、Webアプリケーションやサイト開発者がページ間で情報を渡す際によく使用されます。

多くの場合、WebサーバーでSensorが情報を取得したときに、クエリ文字列に情報が渡されます。 このような情報は、Siteがサイトの真の構造や、サイトを通る訪問者のパス、その他の情報を照らすのに使用できます。

一部の動的なWebサイトでは、訪問者がリクエストする実際のページを決定するために、クエリ文字列内のname=valueのペア(変数)が重要です。 このような場合、URLは次のように構造化されているか、類似した方法で表示されます。

http://www.myserver.com/pageserved.asp?PAGENAME=HOME

この例では、PAGENAMEは実際に、このURLの要求者にどのページが提供されるかを示すインジケータです。 多くのWebログ分析ツールやサービスでは、サイトのURLのクエリ文字列で発生するクエリ文字列変数に基づいて、サイト運営者がサイトのどのページを定義するかを制限しています。 Data WorkbenchサーバーおよびData Workbenchは、このようなクエリ名を使用して一意のページを定義するように設定できます。 多くのシステムでは次のURLが同じページとして解釈されますが、Siteでは解釈されないので、これは重要です。

http://www.myserver.com/pageserved.asp?PAGENAME=HOME
http://www.myserver.com/pageserved.asp?PAGENAME=HOME2

同様に、サイト開発者やアプリケーションは、多くの場合、リクエストされる実際のページの識別とは無関係なクエリ文字列変数をサイトのURLに追加します。 次に例を示します。

http://www.myserver.com/pageserved.asp?PAGENAME=HOME&CAMPAIGN=10001
http://www.myserver.com/pageserved.asp?PAGENAME=HOME&CAMPAIGN=10002
http://www.myserver.com/pageserved.asp?PAGENAME=HOME&CAMPAIGN=10003

この例では、クエリ文字列変数キャンペーン=がURLに追加されています。 このキャンペーン変数は、訪問者がこのURLを選択した原因となったマーケティングキャンペーンを示すために使用されます。 Site は、このキャンペーン情報を使用するように設定できますが、訪問者が閲覧したページの定義とは切り離して、レポートや分析を目的としたページのリストに次のように表示されるようにします。

http://www.myserver.com/pageserved.asp?PAGENAME=HOME

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now