対照実験の実行

センサーを使用すると、制御されたWebサイト実験を可能にし、継続的な運用の中断を最小限に抑えながら、訪問者母集団のランダムなサブセットに対する制御された実験を実行できます。

対照実験を使用すると、Webサイトの財務パフォーマンスの向上、顧客体験の向上、顧客行動への影響などの仮説を試すことができます。 マーケティングプログラム、コンテンツパーソナライゼーションイニシアチブ、プロセスフロー、クリエイティブまたはコンテンツの概念の仮説を、ランダムに選択したサイト訪問者の制御された割合でテストし、Data Workbenchで分析して仮説のメリットを判断できます。

このページ