Data Workbench の Transform.cfg ファイルのサンプル

Transform.cfg ファイルでパラメーターを指定する方法について、いくつかのシナリオに沿って説明します。

いずれのサンプルも、Data Workbench の Transform.cfg ウィンドウにファイルが表示されます。

Data Workbench の単純な Transform.cfg ファイル

The following Transform.cfg window provides instructions to read .vsl files from the Logs directory and export the x-timestring and x-trackingid fields to a text file stored in the Logs\VT directory. Because no file rotation period or output file name format is specified, each file contains data for one calendar day and has a name in the default format %yyyy%%mm%%dd%-%x-mask%.txt.

CSV での出力

The following Transform.cfg window provides instructions to read .vsl files from the Logs directory and export fields 0 through 13 to a comma-delimited ( .csv) file stored in the Logs\VT\CSV directory. ファイルのローテーション期間が指定されていないので、各ファイルには 1 日分のデータが格納されます。出力ファイルは、 .csv 形式で指定されたファイルで %yyyy%%mm%%dd%-%x-mask%.csvす。

サンプルログファイル

変換機能の設定によって、完全なログファイルの最新の簡略版を作成できます。数時間かかるデータセット全体の再処理時間を、数分または数秒にまで短縮し、データセットの設定をすばやくテストすることができます。以下に示したのは、そのために必要な変換機能の設定例です。

The following Transform.cfg window provides instructions to read .vsl files from the Logs directory and export the x-timestring and x-trackingid fields to a text file stored in the Logs\VT directory. Hash Threshold の指定によって、データセットから特定の追跡 ID を除外し、100 件に 1 件の割合でサンプリングされたデータセットを作成します。ファイルのローテーション期間が指定されていないので、各ファイルには 1 日分のデータが格納されます。The names of the output files are in the default format %yyyy%%mm%%dd%-%x-mask%.txt.

Web サイトのセクション別にログファイルを分割する

The following Transform.cfg window provides instructions to read .vslfiles from the Logs directory and export the x-timestring and x-trackingid fields to a text file stored in the Logs\VT directory. この正規表現変換(RETransform)は、cs-uri-stem フィールドを入力として受け取り、サイトのセクションを定義する新しいフィールド(x-site)を作成します。出力されるテキストファイル(それぞれ 1 日分のデータを含む)の名前には x-site フィールドが追加されます。

このページ