Tokenize

Tokenize 変換は、入力文字列に対して反復的に正規表現を適用します。

ただし、RETransformとは異なり、Tokenizeは文字列全体と一致する必要はありません。Tokenize変換に使用される正規表現は、入力のサブセットと一致します。 Tokenize は、一致が見つかった後、最後の一致に続く文字から再度、正規表現を適用します。

パラメーター 説明 デフォルト
名前 変換のわかりやすい名前。ここには任意の名前を入力することができます。
Case Sensitive true または false。マッチングで大文字と小文字を区別するかどうかを指定します。
コメント (オプション)変換についてのメモ。
条件 この変換が適用される条件。
デフォルト デフォルト値。条件が満たされたが、入力値が利用できない場合、または正規表現が入力値と一致しない場合に使用されます。
マッチングに使用する正規表現。
Outputs 出力文字列の名前。特定の入力文字列から複数の出力結果を得ることができます。出力結果の数は、正規表現で捕捉するサブパターンの数に相当します。

次の例では、Tokenize 変換の正規表現を使用してクエリー文字列(cs-uri-query)の名前を捕捉し、得られたサブパターン(クエリー名)を x-pull-query-name に出力しています。

クエリー文字列が「a=b&c=d」であるとき、出力結果は「a」と「c」から成るベクトルになります。

正規表現について詳しくは、 正規表現.

このページ