REMatch

REMatch 変換は、入力データから検索して捕捉する 1 つまたは複数のパターンを正規表現で指定するパターンマッチング変換です。

この変換では、正規表現で捕捉するサブパターンごとに出力フィールドが構築されます。正規表現が入力フィールドと一致しない場合、出力結果はブランクとなります。出力フィールドが既に存在する場合、その値がブランク値で置き換えられます。正規表現の簡単な使用法については、 正規表現.

メモ

REMatch変換の動作は、RETransform変換(RETransformを参照)と同様です。この変換は、正規表現を使用して文字列を取得し、その文字列を単一の出力フィールドに格納します。

REMatch は、複数の変換や1つの変換の後に1つの変 RETransform 換が続くよりも、 RETransform 文字列をより効率的に解析 Flatten します。Flattenを参照してください。

パラメーター 説明 デフォルト
名前 変換のわかりやすい名前。ここには任意の名前を入力することができます。
Case Sensitive true または false。マッチングで大文字と小文字を区別するかどうかを指定します。
コメント (オプション)変換についてのメモ。
条件 この変換が適用される条件。
マッチングに使用する正規表現。
Input 正規表現に照らして評価されるフィールド。
Outputs

出力文字列または出力ベクトルの名前。入力として文字列ベクトルを受け取った場合、出力も文字列ベクトルになります。

正規表現で捕捉するサブパターンごとに出力フィールドが存在している必要があります。

メモ

REMatch 変換は非常に遅くなる可能性があり、データ処理時間の大部分がこの変換に費やされる可能性があります。

次の例では、YYYY-MM-DD 形式の日付を REMatch 変換で解析し、x-year、x-month、x-day の各フィールドに格納しています。2007-01-02 という日付の場合、x-year、x-month、x-day に格納される値は、それぞれ 2007、01、02 となります。

このページ