折れ線グラフ

折れ線グラフのビジュアライゼーションでは、x-y軸の点と、隣接する点を結ぶ線として表される各データ要素を使用して、指標とディメンションのデータを視覚化できます。 折れ線グラフでは、最大200個の一意のデータ要素を一度にグラフに表示できます。 ディメンション値にはX軸に沿ってラベルが付けられ、指標の増分にはY軸に沿ってラベルが付けられます。 折れ線グラフの1点にマウスを置くと、その時点の指標の値が正確に表示されます。

特定の点をクリックして、折れ線グラフで選択を行うことができます。 Altキーを押し続けても、追加の項目をクリックしても選択内容は保持されます。 Altキーを押しながらクリックすると、選択の値も切り替わります。 これは、既に選択されている項目のグループから1つの選択項目だけを削除する場合に便利です。

このページ