Query language syntax

指標、ディメンション、フィルターの式を作成および編集するためのクエリー言語構文です。

識別子の構文:指標、ディメンションおよびフィルターの式は、識別子を使用して、名前付きの指標、ディメンションおよびフィルターを参照できます。

指標式の構文:指標は、指標エディターを使用して編集し、プロファイルのMetricsディレクトリに保存できます。

ディメンション式の構文:ディメンション式は単独で使用することはできませんが、指標式やフィルター式でディメンションが呼び出される場所ではどこでも使用できます。

フィルター式の構文:フィルターとは、データセット内のデータのサブセットを定義する式です。

数式の構文:Data Workbenchでは、追加の数学的計算を使用できます。

統計コールアウト:統計コールアウトに追加する演算子を選択します。

正規表現:Data Workbenchは、検索および並べ替え操作に正規表現(regex)を使用します。

このページ