オフラインおよびオンラインでの操作

Data Workbenchサーバーのオフラインまたはオンラインでの操作に関する情報です。

serverにネットワーク接続していて、オンラインで動作している場合、Data Workbenchはプロファイルとそのデータの更新をData Workbenchサーバから自動的にダウンロードします。 オンラインで動作するように指定していない場合、Data Workbenchはプロファイルとそのデータをコンピューターのキャッシュから読み込みます。 この場合、プロファイルを使用して最後にオンラインで動作した時にダウンロードされたプロファイルとそのデータが表示されます。

オフラインでの動作は、ローカルキャッシュを使用して作業し、コンピューター上のデータをクエリーするので、処理速度の面でメリットがあります。オンラインで作業する場合、すべてのクエリはData Workbenchサーバーに戻る必要があります。これにより、他のオンラインユーザーとサーバーリソースを競い合う必要があります。 Data Workbenchサーバーにネットワーク接続している限り、オフラインで作業を行うと、Data WorkbenchサーバーはData Workbench上のプロファイルやデータを更新しなくなりますが、Data Workbenchサーバーに項目を保存するのは中止されません。

オフラインで作業できるので、Data Workbenchサーバーのサイズは、データセット内のある程度のリアルタイムトラフィック入力とある程度のデータ量とData Workbenchユーザー数を処理できますが、同時ユーザー数の上限をサポートする必要はありません(実際はそれほど多くはありません)。 ユーザーは通常、傾向や比率を探し求め、データを調べているので、ほとんどの場合、正確な数を必要としません。現在のデータを使用して正確な数をクエリーし、解決する必要がある場合は、オンラインで動作して正確な数を取得できますが、クエリーを 100 %解決するまでにかかる時間は長くなります。

オンラインまたはオフラインで作業するには

サイドバーで​Connection​設定をクリックし、Work Online​をクリックします。

オンラインで作業する場合、Data WorkbenchはData Workbenchサーバーに接続し、マシン上の情報とData Workbenchサーバー上のプロファイルとそのデータセット情報を同期します。

Data Workbenchのデフォルト設定はオフラインで動作しますが、次の節で説明するように、各ユーザーはInsight.cfgファイルを変更して、Data Workbenchのインスタンスをデフォルトでオンラインで動作させることができます。

デフォルトでオンライン動作させるには

  1. Insight インストールディレクトリに移動します。
  2. Insight.cfg ファイルをテキストエディターで開きます。
  3. 以下の例に示すように、ハイライトされている行をファイルに追加します。
Update Software = bool: true
Default to Online = bool: true
Color Set = int: 0

次回Data Workbenchを開くと、Data Workbenchサーバーに接続し、デフォルトでオンラインで動作します。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now