パスの選択

パスブラウザー内でパスを選択して、パスの要素に関連するデータを含むフィルターを作成できます。

パスブラウザー内でベースディメンション要素のパスを選択すると、レベルディメンションの対応する要素のデータを選択することになります。

例えば、Web サイトのページを表示するパスブラウザーを作成したとしましょう。各ページは Page ディメンションの要素で、Page のレベルディメンションは Page View です。パスブラウザーでページのパスを選択すると、それらのページに関連するページビューのデータも選択されます。

メモ

パスブラウザーのデフォルトのレベルディメンションを変更できます。 パスブラウザーの設定手順については、「パスブラウザーの 設定」を参照してください。

  1. 表示されているパスをルートの左側または右側に拡張するには、パスブラウザー内の要素をクリックします。

  2. 目的の要素を右クリックし、をクリックしま Select path​す。 選択されたパスに白い輪郭線が表示されます。

    メモ

    開始ノードまたは終了ノードを選択することはできません。

  3. パスを追加する各エレメントに対して、手順 1 を繰り返します。

    例えば、Web サイトのデータを操作している場合は、Web サイト上のページのパスを選択できます。

    このパスは、選択された内容で構成されており、選択されたエレメントによって作成されたパスに関連するデータを表示するように、ワークスペースで開いているその他すべてのビジュアライゼーション(凡例を含む)が更新されます。「ビジュアライゼーションに選択範囲を作成する」を参照してください。

このページ