Regression tree option for decision tree

新しいサンプリング機能とビジュアライゼーション機能を備えた回帰ツリーオプションを使用して、デシジョンツリーを評価します。

デシジョンツリーのビジュアライゼーション内で右クリックして、オプション/回帰ツリー​を選択することにより、回帰ツリーオプションを使用してデシジョンツリーを評価します。

デシジョンツリービルダーの更新デシジョンツリーを作成するための新しいアルゴリズムが導入されました。より一般的なデータを扱い、より有益なビジュアライゼーションを提供して、予測の精度を向上させます。

データサンプリングモジュールの改良:アダプティブサンプリングスキームが更新され、デシジョンツリーと傾向スコアの精度が高まりました。

緑と赤は true または false を示します。濃い赤と薄い赤など、色の彩度で確度を示します。例えば、濃い赤のノードは false の確度が非常に高く、薄い赤のノードは false の確度が低いことを示します。濃い緑のノードは、true の確度が非常に高いことを示します。

すべてのデシジョンツリーの分岐の幅は様々で、ツリーのその分岐のトラフィックのレベルを示します。

デシジョンツリーのビジュアライゼーション内で、右クリックしてオプション/回帰ツリー​を選択します。選択すると、以下の追加設定が表示されます。

回帰設定 説明

各機能を 1 度だけ使用

このオプションを選択すると、(元のデシジョンツリーのように)機能を 1 回しか使えなくなります。したがって、入力が 5 つある場合は、ツリーは最大 5 レベルになり、デシジョンツリーによく似たツリー構造になります(ただし、やや複雑になります)。このオプションは、(元のデシジョンツリーのように)各機能を 1 回だけ使用することによって、ツリーの作成を高速化します。この機能の使用はデフォルト設定です。

回帰ツリーのレベル設定

このオプションは、回帰ツリーの複雑さを制御します。データによっては、「小」のツリー(多くのノードを持つ複雑な構造)を作成して、より有意義なツリー分類を取得しなければならないことがあります。データが大量の場合は、比較的「大」のツリー(ツリーノードが少なく、あまり複雑ではない)が適していることがあります。

注意:デフォルト設定は「標準」です。極端な例では、「標準」設定ではうまく機能せず、「大」または「小」設定にするとデータの表示が改善されることがあります。

:レポートのレベルが最も詳細で、最も多くの分岐を持つ、最も複雑なツリー。

標準:平均レベルの精度と分岐数。

:定義済みのカテゴリが最も少なく、分岐が最も少ない、最も複雑でないツリー。

このページ