待ち時間分析

待ち時間分析のビジュアライゼーションを使用すると、キャンペーンや他のタイプのイベント前や後に設定された日数以内または、一定時間以内の潜在顧客の行動を分析できます。

The Latency visualization allows you to set a metric to identify behavior before, during, or after an event occurred to determine its effect on customer behavior. 例えば、イベントが発生してから 1 週間の売上高を表示すると、マーケティングキャンペーンの効果を特定できます。また、イベントまでの 1 週間の顧客の行動をベースラインとして表示すると、行動に対するイベントの効果を確認できます。

待ち時間ビジュアライゼーションを使用すると、時間ディメンションを日、時間、週などの期間から訪問、クリックスルー、ヒットなどの可算ディメンションに変更することができます。

待ち時間分析の設定

  1. ワークスペースを開き、右クリックして/を Visualization 選択しま Latencyす。

  2. From the menu, select the number of days to analyze for latency events.

  3. Right-click on the Latency label to open menu.

    • Using the Set Countable option, set a countable dimension such as visit, clickthrough, hit, and others.
    • Using the Set Countable (Time) option, set a time dimension such as day, hour, week, day of week, and hour of day.

  4. 待ち時間ビジュアライゼーションを変更します。

    Right-click on the Latency header to select menu options to change countables, dimensions, to re-label, or to select or change other settings.

このページ