クエリーキュー

通常、Data Workbenchサーバーは受信したユーザークエリに応答し、ユーザーが要求しなくなるまで、引き続き結果とリアルタイム更新を提供します。

多くのData Workbenchユーザーを持つシステムでは、特に、アクティブなクエリーの数が、サーバーで使用できる量を超えるシステムリソースを必要とする場合があります。 Query Queue 回答を提供するために必要なリソースが使用可能になるまで、サーバーは一時的に一部のクエリを保留状態にできます。 The Query Queue also provides features to prioritize queries based on a variety of parameters, so that in case of resource contention, higher-priority queries are answered first.

単一のクライアントまたはレポートサーバーからのクエリーは、1 つのバンチに配置され、1 つの単位としてスケジュールされます。クエリーが使用する特定のシステムリソースの量を制限するように、リソースモニターを設定できます。モニタリング対象リソースが別のクエリーバンチのスケジューリングを許可すると、最も高い優先順位のバンチがスケジュールされます。リソース制限によってクエリーがまだスケジュールされていないユーザーには、エラーは表示されませんが、クエリーがキューに格納済みであることが通知されるので、ローカルサンプルに対して作業を続けられます。

The default configuration includes a simple configuration for the Query Queue, but leaves it disabled. Administrators can enable or disable the Query Queue, configure resource monitors to determine how much of various resources are used for querying, and configure complex prioritization policies for different users.

Server.cfgファイルをQuery Queuing

  1. /をク Server.cfg リックし Admin て開 Profile Manager きます Dataset

  2. Server.cfg を右クリックし、編集用にローカル化します。

  3. 展開 Query Queue.

  4. 次のパラメーターを設定します。

    • User Groups:​ポリシー、ユーザー、キューの優先順位を設定できます。定義については「クエリーキューのユーザーグループ」を参照してください。

    • アクティブ: (ベクトル)を有効または無効にしま Query Queueす。 有効な値は true または false です。デフォルト設定は false です。

    • Default User Group:(String)どのユーザーグループにもリストされていない場合、ユーザーを追加するユーザーグループの名前を入力します。

    • Resource Monitors:(Vector)右クリックしてリソースモニターを追加します。You can specify whether the Query Queue monitors memory or the number of queries. 「Resource Monitor」を右クリックして、「Memory Budget Monitor」または「Number of Queries Monitor」を選択します。See Query Queue Resource Monitors for more information.

    • Untouchable Priority:(Int)この値以上の優先順位を持つバンチが、より優先順位が高いバンチのスケジューリングを妨げないようにします。「ユーザグループパラメータ」 Memory Budget Monitor の表で説明され ていると共に使用されます

このページ