TXT レコードの管理

TXT レコードについて

TXT レコードは、ドメインに関するテキスト情報を提供するために使用される DNS レコードの一種で、外部ソースから読み取ることができます。

高い受信ボックス率および低いスパム率を確保するために、Google などの一部のサービスでは、ドメインを所有していることを検証するために、ドメイン設定に TXT レコードを追加する必要があります。

現在、Gmail は最も人気のある E メールアドレスプロバイダーの 1 つです。Adobe Campaign では、Gmail アドレス宛ての E メールの配信品質を確保して確実な配信をおこなうために、サブドメインに Google サイト検証用の特別な TXT レコードを追加して、サブドメインを確実に検証できます。

この機能を Campaign Classic 使用時または Campaign Standard 使用時のビデオで確認

サブドメイン用の Google TXT レコードの追加

Gmail アドレス宛ての E メール送信に使用するサブドメインに Google TXT レコードを追加するには、次の手順に従います。

  1. サブドメインおよび証明書」カードに移動します。

  2. インスタンスを選択し、DNS レコードを追加するサブドメインの詳細を開きます。

  3. TXT レコードを追加」ボタンをクリックし、G Suite 管理ツールで生成した値を入力します。詳しくは、G Suite 管理ヘルプを参照してください。

  4. 追加」ボタンをクリックして、確定します。

TXT レコードを追加したら、Google で検証する必要があります。それには、G Suite 管理ツールに移動し、検証手順を実行します(G Suite 管理ヘルプを参照)。

レコードを削除するには、レコードリストからレコードを選択し、「削除」ボタンをクリックします。

メモ

DNS レコードリストから削除できるのは、以前に追加したレコードのみです(この例では Google TXT レコード)。

このページ