umask の設定(オプション)

最終更新日: 2023-08-16
  • トピック:
  • Install
    このトピックの詳細を表示
  • Configuration
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Experienced
    Admin
    Developer

Web サーバグループは、ファイルシステム内の特定のディレクトリに対する書き込み権限を持つ必要があります。ただし、実稼働環境では特に、より厳しいセキュリティが必要になる場合があります。 アドビでは、 umask.

解決策は、オプションでという名前のファイルを作成できるようにすることです。 magento_umask (web サーバーグループおよび他の全員の権限を制限するアプリケーションルートディレクトリ)

メモ

1 人のユーザーまたは共有のホスティングシステム上でのみ umask を変更することをお勧めします。 プライベート・アプリケーション・サーバがある場合、そのグループはファイル・システムへの書き込みアクセス権を持っている必要があります。umask は、グループから書き込みアクセス権を削除します。

デフォルトの umask ( magento_umask 指定 ) 002は、次のことを意味します。

  • ディレクトリの場合は 775。つまり、ユーザーによるフルコントロール、グループによるフルコントロールを意味し、全員がディレクトリを経由できるようにします。 これらの権限は、通常、共有ホスティングプロバイダーで必要になります。

  • ファイルの場合は 664、ユーザーが書き込み可能、グループが書き込み可能、他の全員が読み取り専用

一般的な提案は、 022 (内) magento_umask ファイルの意味は次のとおりです。

  • ディレクトリの場合は 755:ユーザーのフルコントロール、および他の全員がディレクトリをトラバースできます。
  • 644(ファイルの場合):ユーザーに対する読み取り/書き込み権限、他のユーザーに対する読み取り専用権限。

次の手順で magento_umask:

  1. コマンドラインターミナルで、アプリケーションサーバーに ファイルシステム所有者.

  2. アプリケーションのインストールディレクトリに移動します。

    cd <Application install directory>
    
  3. 次のコマンドを使用して、という名前のファイルを作成します。 magento_umask そして、 umask の値を含める必要があります。

    echo <desired umask number> > magento_umask
    

    これで、という名前のファイルが作成されました。 magento_umask (内) <Magento install dir> コンテンツが umask 数値。

  4. ログアウトし、 ファイルシステム所有者 変更を適用します。

このページ