トランザクションメッセージの概要

トランザクションメッセージ(Message Center)は、トリガーメッセージを管理するために設計されたキャンペーンモジュールです。これらの通知は、情報システムからトリガーされたイベントから生成されます。例えば、請求書、注文確認、出荷確認、パスワード変更、製品入手不可通知、アカウントステートメント、web サイトアカウント作成などがあります。

Managed Cloud Services ユーザーとして Campaign トランザクションメッセージをお使いの環境で設定する場合は、アドビにお問い合わせください。

トランザクションメッセージは、次の送信に使用します。

  • 通知(注文確認やパスワードのリセットなど)
  • 個々の顧客のアクションに対するリアルタイムでの応答
  • 宣伝以外のコンテンツ

トランザクションメッセージの設定について詳しくは、この節を参照してください。

トランザクションメッセージのアーキテクチャについては、このページを参照してください。

トランザクションメッセージの動作原理

Adobe Campaign のトランザクションメッセージモジュールは情報システムに組み込まれ、システムはパーソナライズされたトランザクションメッセージに変換するイベントを返します。これらのメッセージはメール、SMS、プッシュ通知などを介して、個別に送信することも、まとめて送信することもできます。

例えば、顧客が製品を購入できる web サイトを持つ会社の例で考えてみます。

Adobe Campaign を使用すると、買い物かごに製品を追加した顧客に通知メールを送信できます。Web サイトを訪れた人が購入せずにサイトを離れると(キャンペーンイベントをトリガーする外部イベント)、買い物かごの放棄に伴うメールを自動的に送信できます(トランザクションメッセージ配信)。

これを実現する主な手順は、以下で説明します。

  1. イベントタイプの作成
  2. メッセージテンプレートの作成とデザイン。この手順で、イベントをメッセージにリンクします。
  3. メッセージのテスト
  4. メッセージテンプレートのパブリッシュ

トランザクションメッセージテンプレートを設計して公開すると、対応するイベントがトリガーされた場合、関連するデータは PushEvent および PushEvents SOAP メソッドを介して Campaign に送信され、ターゲットの受信者に配信が送られます。

イベントタイプの作成

各イベントをパーソナライズされたメッセージに変更するには、まず​イベントタイプ​を作成します。

メッセージテンプレートを作成する際、送信するメッセージに一致するイベントのタイプを選択します。

注意

イベントタイプをメッセージテンプレートで使用するには、事前に作成しておく必要があります。

Adobe Campaign で処理されるイベントタイプを作成するには、次の手順に従います。

  1. ツリーの​管理/プラットフォーム/列挙​フォルダーに移動します。

  2. リストから​イベントタイプ​を選択します。

  3. 追加」をクリックして、列挙の値を作成します。注文の確認、パスワードの変更、注文の配送変更などがイベントタイプとして考えられます。

    注意

    各イベントタイプは、イベントタイプ​の列挙の値と一致する必要があります。

  4. 項目別リストの値を作成した後、作成事項を反映させるためには、一旦インスタンスからログオフし再度ログオンします。

メモ

項目別のリストの詳細については、Campaign Classic v7 ドキュメントを参照してください。

トランザクションメッセージテンプレートの定義

各イベントをトリガーにして、パーソナライズされたメッセージを送信することができます。そのためには、各イベントタイプと一致するメッセージのテンプレートを作成する必要があります。テンプレートには、トランザクションメッセージをパーソナライズするのに必要な情報が含まれています。また、テンプレートを使用すると、メッセージのプレビューを検証したり、最終ターゲットへ配信する前にシードアドレスを使用した配達確認を送信することもできます。

テンプレートの作成

メッセージテンプレートを作成するには、次の手順に従います。

  1. Adobe Campaign のツリーにて、Message Center/トランザクションメッセージテンプレート​フォルダーに移動します。

  2. トランザクションメッセージテンプレートのリスト内を右クリックし、ドロップダウンメニューで「新規」を選択するか、トランザクションメッセージテンプレートのリストの上部にある「新規」ボタンをクリックします。

  3. 配信ウィンドウで、使用したいチャネルに適した配信テンプレートを選択します。

  4. 必要に応じて、ラベルを変更します。

  5. 送信したいメッセージに合うイベントのタイプを選択します。Adobe Campaign が処理するイベントのタイプは、事前に作成する必要があります。詳細情報

    注意

    1 つのイベントタイプを複数のテンプレートにリンクすることはできません。

  6. 特性と説明を入力したら、「続行」をクリックしてメッセージの本文を作成します。

コンテンツの作成

トランザクションメッセージのコンテンツの定義、Adobe Campaign のすべての配信と同様です。例えば、メール配信では、HTML やテキスト形式でコンテンツを作成、添付ファイルを追加、または配信オブジェクトをパーソナライズできます。詳細情報

注意

メッセージに含まれる画像は、公的にアクセス可能でなければなりません。Adobe Campaign には、トランザクションメッセージ用の画像アップロードのメカニズムがありません。
JSSP や Web アプリとは異なり、<%= にはデフォルトのエスケープ機能がありません。

イベントから取得する各データを適切にエスケープする必要があります。このエスケープ方法は、このフィールドの使用方法によって異なります。例えば、URL 内では、encodeURIComponent を使用します。HTML に表示する場合は、escapeXMLString を使用できます。

メッセージのコンテンツを定義したら、メッセージ本文にイベントの情報を取り入れ、パーソナライズすることができます。イベントの情報は、パーソナライゼーションタグを使用してテキスト本文に挿入します。

  • すべてのパーソナライゼーションフィールドはペイロードから取得されます。
  • トランザクションメッセージ内では、1 つまたは複数のパーソナライゼーションブロックを参照できます。

パーソナライゼーションタグを E メールメッセージの本文に挿入するには、次の手順に従います。

  1. メッセージのテンプレートで、E メールのフォーマットに合うタブをクリックします(HTML またはテキスト)。

  2. メッセージの本文を入力します。

  3. テキスト本文に​リアルタイムイベント/イベント XML メニューを使用してタグを挿入します。

  4. 下記に示すように、タグの入力には次の構文を利用します。要素名.@属性名

トランザクションメッセージテンプレートのテスト

シードアドレスの追加

シードアドレスを使用すると、メッセージを送信する前に、メッセージのプレビューを表示したり、配達確認を送信したり、メッセージのパーソナライズ機能を検証したりできます。シードアドレスはこの配信に関連付けられており、その他の配信に利用することはできません。

  1. トランザクションメッセージテンプレートで「シードアドレス」タブをクリックし、「追加」ボタンをクリックします。

  2. 後で簡単に選択できるようにラベルを割り当て、シードアドレス(通信チャネルに応じてメールまたは携帯電話)を入力します。

  3. 外部識別子を入力します。このオプションのフィールドには、web サイト上のすべてのアプリケーションに共通し、プロファイルを識別するのに利用できるビジネスキー(一意の識別子、名前 + E メールなど)を入力することができます。Adobe Campaign マーケティングデータベースにもこのフィールドが存在する場合、データベース内のプロファイルとイベントとを照合することができます。

  4. テストデータを挿入します。この節を参照してください。

  5. OK」をクリックして、シードアドレスの作成を確定します。

  6. この手順を繰り返して、必要な数のアドレスを作成します。

アドレスを作成したら、プレビューとパーソナライズ機能を利用できます。

トランザクションメッセージのプレビュー

1 つまたは複数のシードアドレスとメッセージ本文を作成したら、メッセージをプレビューして、パーソナライゼーションを確認することができます。

  1. メッセージテンプレートで「プレビュー」タブをクリックし、ドロップダウンリストで「シードアドレス」を選択します。

  2. 作成済みのシードアドレスを選択してパーソナライズされたメッセージを表示します。

配達確認の送信

作成済みのシードアドレスへ配達確認を送信することで、メッセージ配信をテストできます。

配達確認の送信は、配信の場合と同じプロセスでおこないます。

配達証明の詳細については、Campaign Classic v7 ドキュメントを参照してください

ただし、トランザクションメッセージの配達確認を送信するためには、次の操作が必要です。

  • パーソナライズ機能のテストデータを使用して 1 つまたは複数のシードアドレスを作成します
  • メッセージコンテンツの作成

配達確認を送信するには:

  1. 配信ウィンドウで、「配達確認を送信」ボタンをクリックします。

  2. 配信を分析します。

  3. エラーを修正し、配信を確認します。

  4. シードアドレスにメッセージが配信されたこと、およびそのコンテンツが設定どおりであることを確認します。

配達確認は、各テンプレートの「監査」タブからアクセスできます。

テンプレートの公開

メッセージテンプレートの作成が完了したら公開できます。これにより、リアルタイムイベントとバッチイベントにリンクされたメッセージを送信できます。

注意

テンプレートに変更を加えた場合は、トランザクションメッセージの配信中に変更が有効になるように、必ず再度公開します。

  1. ツリーの Message Center/トランザクションメッセージテンプレート​フォルダーに移動します。

  2. 公開するテンプレートを選択します。

  3. 公開」をクリックします。

公開が完了すると、管理/実稼働環境/Message Center の実行/デフォルト/トランザクションメッセージテンプレート​フォルダー内に、バッチおよびリアルタイムタイプのイベントに適用されるメッセージテンプレートの両方が作成されます。

テンプレートが公開され、対応するイベントがトリガーされた場合、Adobe Campaign はイベントを受け取り、トランザクションテンプレートにリンクし、対応するトランザクションメッセージを各受信者に送信します。

テンプレートの非公開

メッセージテンプレートが公開された後 、非公開にすることができます。

  • 実際、対応するイベントがトリガーされた場合、公開済みのテンプレートは引き続き呼び出すことができます。メッセージテンプレートを使用しなくなった場合は、非公開にすることをお勧めします。これは、不要なトランザクションメッセージを誤って送信するのを避けるためです。

    例えば、クリスマスキャンペーンにのみ使用するメッセージテンプレートを公開したとします。クリスマス期間が終わったらテンプレートを非公開にして、来年の同時期に再度パブリッシュすることができます。

  • また、ステータスが「パブリッシュ済み」のトランザクションメッセージテンプレートは削除できません。最初にテンプレートを非公開にする必要があります。

トランザクションメッセージテンプレートを非公開にするには、次の手順に従います。

  1. Message Center/トランザクションメッセージテンプレート​フォルダーを参照します。
  2. 非公開にするテンプレートを選択します。
  3. 非公開にする」をクリックします。
  4. 開始」をクリックします。

トランザクションメッセージテンプレートのステータスが「パブリッシュ済み」から「編集中」に変わります。

非公開にした後は、以下のようになります。

  • 両方のメッセージテンプレート(バッチイベントとリアルタイムタイプのイベントに適用)が削除されます

    これらのテンプレートが、管理/プロダクション/Message Center の実行/デフォルト/トランザクションメッセージテンプレート​フォルダーに表示されなくなりました。

  • テンプレートを非公開にした後は、削除できます

    これを行うには、リストからテンプレートを選択し、画面の右上にある「削除」ボタンをクリックします。

このページ