CCPA オプトアウトの管理

プロファイルの CCPA オプトアウトステータスは、 ccpaOptOut profile 属性と「true」または「false」の値:

"ccpaOptOut": <value>

  • true:個人情報の販売を禁止します。
  • false:個人情報の販売を許可します。
注意

「CCPA オプトアウト」属性は、19.4 以降でのみ使用できます。19.3 環境の場合は、プロファイルリソースを拡張し、ブール値フィールドを追加する必要があります。 このフィールドは、選択されたラベルで API に追加されます。 「CCPA のオプトアウト」を使用することをお勧めします。

詳しくは、 プライバシーリクエストの管理ドキュメント.


リクエストのサンプル

  • プロファイルの CCPA オプトアウトステータスを取得するためのGETリクエストの例。

    -X GET https://mc.adobe.io/<ORGANIZATION>/campaign/profilesAndServices/profile/<PKEY> \
    -H 'Authorization: Bearer <ACCESS_TOKEN>' \
    -H 'Cache-Control: no-cache' \
    -H 'X-Api-Key: <API_KEY>' \
    -H 'Content-Type: application/json;charset=utf-8'
    

    GETリクエストへの応答。

    {
    "PKey": "<PKEY>",
      "ccpaOptOut": false,
      "firstName": "John",
      "lastName": "Doe",
    ...
    }
    
  • プロファイルを CCPA オプトアウト用にマークするためのPOSTリクエストの例。

    -X POST https://mc.adobe.io/<ORGANIZATION>/campaign/profilesAndServices/profile/ \
    -H 'Authorization: Bearer <ACCESS_TOKEN>' \
    -H 'Cache-Control: no-cache' \
    -H 'X-Api-Key: <API_KEY>' \
    -H 'Content-Type: application/json;charset=utf-8'
    -i
    -d {
    -d  "firstName": "John",
    -d  "lastName": "Doe",
    -d  "email": "jdoe@mail.com",
    -d  "ccpaOptOut": true
    -d }'
    

    GETリクエストへの応答。

    {
        ...
        "email": "john.doe@mail.com",
        "firstName": "John",
        "lastName": "Doe",
        "ccpaOptOut": true,
        ...
    }
    
  • CCPA オプトアウト用にプロファイルを更新するためのPATCHリクエストの例。

    -X PATCH https://mc.adobe.io/<ORGANIZATION>/campaign/profilesAndServices/profile/<PKEY> \
    -H 'Authorization: Bearer <ACCESS_TOKEN>' \
    -H 'Cache-Control: no-cache' \
    -H 'X-Api-Key: <API_KEY>' \
    -H 'Content-Type: application/json;charset=utf-8'
    -i
    -d {
    -d  "ccpaOptOut": true
    -d }'
    

    GETリクエストへの応答。

    {
        ...
        "email": "john.doe@mail.com",
        "firstName": "John",
        "lastName": "Doe",
        "ccpaOptOut": true,
        ...
    }
    

このページ