マーケティング履歴の操作

履歴 エンドポイントを使用すると、プロファイルのマーケティング履歴を操作できます。
これにより、例えば、プロファイルに送信された配信のミラーページを簡単に取得できます。 これをおこなうには、以下の手順に従います。

  1. ​履歴エンドポイントとプロファイルのプライマリキーを使用してGETを実行します。
  2. 返された イベント hrefに対してGETリクエストを実行します。
  3. mirrorPage ​ノード内のミラーページへのリンクを持つプロファイルのイベントのリストを返します。

サンプルリクエスト

GETリクエストを使用して、プロファイルのマーケティング履歴を取得します。

-X GET https://mc.adobe.io/<ORGANIZATION>/campaign/profileAndServices/history/"<PKEY>" \
-H 'Content-Type: application/json' \
-H 'Authorization: Bearer <ACCESS_TOKEN>' \
-H 'Cache-Control: no-cache' \
-H 'X-Api-Key: <API_KEY>'

「イベント」ノードは、プロファイル上のイベントへのアクセスを提供するURLを返します。

{
  "PKey": "<PKEY>",
  "firstName": "John",
  "lastName":"Doe",
  "birthDate": "1980-10-24",
  "events": {
    "href": "https://mc.adobe.io/<ORGANIZATION>/campaign/profileAndServices/history/<PKEY>/events/",
    "metadata": "subHisto"
    },
}

返されたイベントhrefに対してGETリクエストを実行します。

-X GET https://mc.adobe.io/<ORGANIZATION>/campaign/profileAndServices/history/<PKEY>/events \
-H 'Content-Type: application/json' \
-H 'Authorization: Bearer <ACCESS_TOKEN>' \
-H 'Cache-Control: no-cache' \
-H 'X-Api-Key: <API_KEY>'

「mirrorPage」ノード内のミラーページへのリンクを持つプロファイルのイベントのリストを返します。

    {
      "PKey": "<PKEY>",
      "category": "email",
      "date": "2018-05-17 08:44:49.366Z",
      "href": "https://mc.adobe.io/<ORGANIZATION>/campaign/profileAndServices/history/<PKEY>/events/<PKEY>",
      "label": "Send via email",
      "mirrorPage": {
        "href": "https://mc.adobe.io/<ORGANIZATION>/campaign/profileAndServices/history/<PKEY>/events/<PKEY>/mirrorPage/"
      },
      "type": "outbound"
    }

このページ