カスタムリソースの操作

/customResources エンドポイントを使用すると、ACSカスタムリソースをRESTで公開できます。 このAPIに基づき、カスタムエンティティと外部エンドポイントの統合を利用できます。

/customResourcesエンドポイントの動作は、/profileAndServicesエンドポイントとまったく同じです。

このAPIで公開されるカスタムリソースは次のとおりです。

  • プロファイルエンティティにリンクされているすべてのエンティティ
  • プロファイルエンティティの子にリンクされているすべてのエンティティ
  • プロファイルにリンクされていないすべてのエンティティと、その子と孫です。
メモ

/profileAndServicesExtで使用できるカスタムリソースは、/customResources APIに公開されません。

次に、カスタムリソースからメタデータを取得する例を示します。

GET /customResources/resourceType/<customResourceName>

作成、更新または削除を行うには、GET、POST、PATCH、DELETEを使用します。

POST /customResources/<customResourceName>
メモ

プライバシーAPIエンドポイントとワークフロー(/privacy/privacyTool?lang=ja)は、プロファイルエンティティにリンクされていないカスタムリソースを管理していません。
これらのカスタムリソースのPIIを管理およびクリーンアップする責任はあります。 プライバシーツールの詳細については、 ここをクリックしてください

このページ