メタデータのメカニズム

GET要求で resourceType :

GET /profileAndServices/resourceType/<resourceName>

応答は、リソースからメインメタデータを返します(他のすべてのフィールドは説明的または内部的です)。

  • Content 」ノードは、リソースのフィールドを返します。 「 content 」ノード内の各フィールドについて、次のフィールドを検索できます。

    • "apiName":APIで使用される属性の名前。

    • "type":これは、高レベルのタイプ定義(文字列、数値、リンク、コレクション、定義済みリストなど)です。

    • "dataPolicy":フィールドの値は、指定したポリシールールに従う必要があります。 例えば、dataPolicyルールを「email」に設定する場合、値は有効な電子メールである必要があります。 PATCH中またはPOST中に、dataPolicyは値を確認したり、変換する値を変更したりできます(smartCaseなど)。

    • "カテゴリ":は、クエリエディタでフィールドのカテゴリを示します。

    • "resType":これは技術的なタイプです。

      「type」が値「link」または「collection」で完了した場合、resTarget値はリンクのターゲットとなるリソースの名前になります。
      「type」が値「定義済みリスト」で完了した場合は、「values」フィールドが追加され、各定義済みリスト値が values ノードに詳細に設定されます。

  • フィルター 」ノードは、関連するフィルターを取得するためのURLを返します。 For more on filters, refer to this section section.


サンプルリクエスト

リソースに対してGETリクエストを実行します。

-X GET https://mc.adobe.io/<ORGANIZATION>/campaign/profileAndServices/resourceType/profile \
-H 'Content-Type: application/json' \
-H 'Authorization: Bearer <ACCESS_TOKEN>' \
-H 'Cache-Control: no-cache' \
-H 'X-Api-Key: <API_KEY>'

プロファイルリソースの完全な説明を返します。

{
...
"content": {
  "email": {...},
    ...
    },
"data": "/profileAndServices/profile/",
"filters": {
        "href": "https://mc.adobe.io/<ORGANIZATION>/campaign/profileAndServices/resourceType/<PKEY>"
    },
"help": "Identified profiles",
"href": "https://mc.adobe.io/<ORGANIZATION>/campaign/profileAndServices/profile/metadata",
"label": "Profiles",
"mandatory": false,
"name": "profile",
"pkgStatus": "never",
"readOnly": false,
"schema": "nms:recipient",
"type": "item"
}

このページ