カスタムリソース

Adobe Campaignには、様々なリソースを介してデータが定義される、事前定義済みのデータモデルが付属しています。 リソースを拡張して独自のカスタムフィールドや、購入テーブルや製品テーブルなどのカスタムテーブルを追加することで、提供されるデータモデルをエンリッチメントできます。

カスタムリソースは、 /profileAndServicesExt​エンドポイントとカスタムリソース名を使用して、APIを通じてアクセスできます。

https://mc.adobe.io/<ORGANIZATION>/campaign/profileAndServicesExt/<resourceName>/

メモ

標準で用意されていないリソースの場合は、常にリソース名の前に"cus"プレフィックスを使用します。

プロファイルテーブルにリンクされている限り、カスタムリソースを使用して任意の操作を実行できます。 例えば、次に示すテーブル構造を考えてみましょう。

代替テキスト

この場合、TransactionTransactionDetails​および​Product​テーブルが​Profile​テーブルにリンクされている限り、それらのテーブルのすべてのリソースを使用できます。


リクエストのサンプル

拡張profileAndServicesExtリソースにアクセスするためのGETリクエストのサンプル。

-X GET https://mc.adobe.io/<ORGANIZATION>/campaign/profileAndServicesExt/\
-H 'Content-Type: application/json' \
-H 'Authorization: Bearer <ACCESS_TOKEN>' \
-H 'Cache-Control: no-cache' \
-H 'X-Api-Key: <API_KEY>' \

リンクされたすべてのカスタムリソースのリストを返します。 その後、リソースURLを使用して、このドキュメントに記載されているAPIタスクを実行できます。

{
"apiName": "resourceType",
"cusProduct": {
        "content": ...,
        "data": "/profileAndServicesExt/cusProduct/",
        "help": "Product",
        "href": "https://mc.adobe.io/<ORGANIZATION>/campaign/profileAndServicesExt/cusProduct/metadata",
        "name": "cusProduct",
        "type": "collection"
    },
"cusTransaction": {
        "content": ...,
        "data": "/profileAndServicesExt/cusTransaction/",
        "help": "Product",
        "href": "https://mc.adobe.io/<ORGANIZATION>/campaign/profileAndServicesExt/cusTransaction/metadata",
        "name": "cusProduct",
        "type": "collection"
    },
    ...
}

データモデル拡張について詳しくは、Campaignのドキュメントを参照してください。

このページ