タイポロジの管理

最終更新日: 2023-12-29
  • 作成対象:
  • Intermediate
    User

タイポロジについて

タイポロジとは、メッセージを送信する前にメッセージの有効性を確認するための一連のルールです。例えば、メッセージの内容が空ではない、購読解除が存在する、重複を除外する、などです。

タイポロジは AdministrationChannelsTypologies メニューから確認できます。初期状態では、アプリケーションでデフォルトのタイポロジが使用できます。必要に応じて、独自のタイポロジを作成したり、既存のタイポロジを変更することができます。

Typology rules」セクションでは、タイポロジごとに、タイポロジをメッセージと合わせて使用した場合に実行される一連のルールのリストが表示されます。

メモ

タイポロジルールの詳細を表示するには、目的のタイポロジルールをダブルクリックします。ルールは読み取り専用モードで表示されます。

タイポロジの作成

新しいタイポロジを作成するには、次の手順に従います。

  1. AdministrationChannelsTypologies メニューにアクセスします。

  2. タイポロジのリストが表示されます。「Create」ボタンをクリックします。

  3. タイポロジの「Label」を定義し、「Add an element」ボタンをクリックして、追加するタイポロジルールを選択します。タイポロジルールについて詳しくは、この節を参照してください。

    メモ

    IP affinity」フィールドでは、設定に従ってアフィニティを管理できます。アフィニティはインスタンスの設定ファイルで定義されます。アフィニティを使用する場合は、管理者にお問い合わせください。

  4. Create」をクリックして選択内容を確定します。これで、メッセージでタイポロジを使用できるようになりました。

メッセージへのタイポロジの適用

タイポロジをメッセージまたはメッセージテンプレートに関連付けると、タイポロジに含まれているタイポロジルールが実行され、メッセージの有効性がチェックされます。

メモ

各メッセージまたはメッセージテンプレートに割り当てることができるタイポロジは 1 つだけです。

メッセージにタイポロジをリンクするには、次の手順に従います。

  1. メッセージのプロパティにアクセスします。メッセージテンプレートは、ResourcesTemplates ナビゲーションメニューからアクセスできます。

  2. Advanced parameters/「Preparation」セクションで、メッセージにリンクするタイポロジを選択します。

  3. Confirm」をクリックします。

    選択したタイポロジがメッセージにリンクされます。関連するすべてのタイポロジルールが実行され、メッセージの有効性が確認されます。

このページ