メッセージのトラッキング

の追跡について

Adobe Campaignでは、トラッキング機能を使用して、配信受信者の行動をトラッキングできます。 そのために、Adobe Campaign ではセッション Cookie および永続 Cookie を使用します。

(例えば、ページ上で表示される)認証リクエストを介してサイトにWebトラッキングツールが装備されていることをユーザーに通知し、Cookieの使用を承認するか、最初のページの上部にバナーを追加します。 ポップアップウィンドウはブラウザーでブロックされていることが多いので、避ける必要があります。

追跡情報は、データベースの​integrated customer profiles​への各連絡先に対して使用できます。 詳細については、このセクションを参照してください。

Adobe Campaign は、次の 2 つのタイプの Cookie を使用します。

  • セッション Cookie (nlid):連絡先に送信される E メールの識別子(broadlogId)およびメッセージテンプレートの識別子(deliveryId)が含まれています。Adobe Campaign が送信した E メールに含まれている URL を連絡先のユーザーがクリックすると追加され、この連絡先での web 上の行動をトラッキングできるようになります。このセッション Cookie は、ブラウザーが閉じられると自動的に消去されます。連絡先のユーザーは、Cookie を拒否するようにブラウザーを設定できます。
  • Adobe Experience Cloudソリューション間で共有されるcookie。 これにより、Web サイトの訪問時に Experience Cloud ソリューションとやり取りするユーザーを識別できます。この Cookie の説明については、こちらを参照してください。

Adobe Campaign Standardを使用したトラッキングでは、次の機能にアクセスできます。

条件 条件 条件 条件 条件
E メールトラッキング プッシュトラッキング トラッキングされる URL トラッキングログ トラッキングレポート

トラッキングログ

Tracking logs 」タブには、この配信のトラッキング履歴が一覧表示されます。 このタブには、Adobe Campaignが追跡したすべてのURLなど、送信されたメッセージのトラッキング情報が表示されます。 このタブのトラッキング情報は、10分ごとに更新されます。

メモ

配信トラッキングが有効になっていない場合、このタブは表示されません。トラッキングログは、eメール​チャネルと​プッシュ通知​チャネルでのみ使用できます。

上記の例では、受信者は次のようになります。

  • メッセージを開きました。
  • ミラーページのリンクをクリックしました。
  • 「LEARN MORE」カスタムリンクをクリックしました。

Type​列では、次の値を指定できます。

  • Email click:受信者がカスタムリンクをクリックしました。
  • Mirror page:受信者がミラーページへのリンクをクリックしました。
  • Open:受信者がEメールを開きました。
  • Opt-out:受信者が購読解除リンクをクリックしました。
メモ

プッシュ通知​チャネルの場合は、モバイル通知のクリックのみが追跡されます。 この場合、値は​Click on mobile notification​になります。

トラッキングリンクの挿入方法について詳しくは、このページを参照してください。

Tracking indicators​レポートには、Eメールメッセージの受信後の行動をトラッキングするための主要指標が含まれています。 詳しくは、このページを参照してください。

トラッキングされる URL

Tracked URLs 」タブでは、送信メッセージに含まれているURLを、そのURLタイプとソースURLを含めて再グループ化します。

トラッキングリンクについて詳しくは、この節を参照してください。

このページ