E メール BCC を使用したアーカイブ

プラットフォームから電子メールBCCを通じて送信される電子メールのコピーを保持するようにAdobe Campaignを設定できます。

特に、組織で、アウトバウンド電子メールメッセージをすべてアーカイブして準拠する必要がある場合は、この機能を有効にできます。 対応する送信メッセージの完全に隠されたコピーを、指定する必要のあるBCC電子メールアドレス(配信受信者には見えない)に送信できます。

有効にした後は、電子メール配信テンプレートの​Archive emails​オプションから電子メールBCCを有効にする必要があります。

メモ

Adobe Campaign自体では、アーカイブされたファイルは管理されません。 これにより、選択したメッセージを専用のアドレスに送信し、外部システムを使用して処理およびアーカイブできます。

Recommendationsと限界

  • この機能はオプションです。この機能を有効にするには、ライセンス契約を確認したうえで、アカウント担当者にお問い合わせください。
  • 選択したBCCアドレスは、ユーザーに対して設定を行うAdobeチームに提供する必要があります。
  • BCC電子メールアドレスは1つだけ使用できます。
  • 正常に送信された電子メールのみが考慮されます。バウンスはありません。
  • プライバシー上の理由から、BCC電子メールは、個人の身元を特定できる情報(PII)を安全に保存できるアーカイブシステムで処理する必要があります。
  • 新しい配信テンプレートを作成する場合、購入済みの場合でも、電子メールBCCはデフォルトで有効になっていません。 使用する各配信テンプレートで手動で有効にする必要があります。
メモ

現在、アーカイブされた電子メールは、シンプルなSMTPリレーを使用するレガシーアーカイブモジュールによって送信されます。

電子メールアーカイブのアクティブ化

電子メールBCCは、電子メールテンプレートで有効になると、次の専用のオプションを使用して有効になります。

  1. リソーステンプレート配信テンプレート​に移動します。

  2. 標準の​Send via email​テンプレートを重複します。

  3. 複製したテンプレートを選択します。

  4. Edit properties​ボタンをクリックして、テンプレートのプロパティを編集します。

  5. Send​セクションを展開します。

  6. Archive emails​チェックボックスをオンにして、このテンプレートに基づいて各配信の送信済みメッセージのコピーを保存します。

メモ

BCCアドレスに送信された電子メールが開かれ、クリックスルーされた場合は、送信分析の​Total opens​と​Clicks​を考慮に入れます。これにより、何らかの誤算が発生する可能性があります。

このページ