E メールのレンダリング

Send」ボタンを押す前に、さまざまな Web クライアント、Web メールおよびデバイスでメッセージの表示が最適化されていることを確認してください。

この確認のために、Adobe Campaign ではレンダリングをキャプチャして専用のレポートで利用できるようにしています。これにより、異なるコンテキストで受信される可能性のある送信済みのメッセージをプレビューできます。

Adobe Campaign の「E メールのレンダリング」で使用できるモバイル、メッセージングおよび Web メールクライアントは、Litmus の Web サイトに記載されています(「View all email clients」をクリックしてください)。

E メールのレンダリングレポートの確認

E メール配信を作成し、そのコンテンツとターゲット母集団を定義したら、以下の手順に従います。

  1. Audience」をクリックして「Test profiles」タブにアクセスします。

  2. クエリエディターを使用して、「E メールのレンダリング」用のテストプロファイルなど、使用するテストプロファイルを定義します。テストプロファイルについてを参照してください。

  3. クエリを確認して、変更を保存します。

  4. アクションバーの「Test」ボタンをクリックします。

  5. この「Email rendering」オプションを選択し、「OK」をクリックします。

    メモ

    この「Proof + Email rendering」オプションを使用すると、配達確認を送信し、E メールのレンダリング機能を同時に使用できます。メッセージを配達確認の受信者に承認してもらうと同時に、対象となる受信トレイに応じてメッセージの受信方法をテストできます。この場合は、配達確認テストプロファイルも選択する必要があります。テストプロファイルについてを参照してください。

    テスト配信が送信されます。

  6. メッセージの送信後、数分後にレンダリングのサムネールが使用可能になります。これらにアクセスするには、「Summary」ドロップダウンリストの「Proofs」を選択します。

  7. Proofs」リストで、「Access email rendering」アイコンをクリックします。

専用の E メールのレンダリングレポートが表示されます。E メールのレンダリングレポートの説明を参照してください。

関連トピック

E メールのレンダリングレポートの説明

このレポートは、受信者に表示される E メールのレンダリングを示します。E メールのレンダリングは、ブラウザー、モバイルデバイス、メールアプリケーションなど、受信者がどの方法で E メール配信を開くかによって異なります。

メモ

使用できるレンダリングの数は、ライセンス契約に記載されています。「E メールのレンダリング」が有効な配信ごとに、使用可能なレンダリング(トークン)の数が 1 つ減ります。

トークンは、電子メールレンダリングレポート全体ではなく、個々のレンダリングごとに割り当てられます。つまり、次のような意味です。

受信ボックスレンダリングレポートが生成されるたびに、メッセージングクライアントあたり 1 つのトークンが差し引かれます(Outlook 2000 レンダリングに 1 トークン、Outlook レンダリングに 1 トークン、Apple Mail レンダリングに 1 トークン、というようになります)。

同じ配信の場合、電子メールレンダリングを再び生成すると、使用可能なトークン数は、生成されたレンダリングの数だけ再度減少します。

レポート概要には、受信済みメッセージ、不要なメッセージ(スパム)、受信されていないメッセージまたは受信が保留されているメッセージの数が表示されます。

レポートは、3 つの部分に分かれています:MobileMessaging clients、および Webmails。レポートを下へスクロールすると、これらの 3 つのカテゴリにグループ化されたすべてのレンダリングが表示されます。

各レポートの詳細を表示するには、対応するカードをクリックします。選択した受信方法のレンダリングが表示されます。

この「Technical data」タブでは、E メールの受信日や取得日、完全なヘッダーなどの詳細情報を取得できます。

このページ