配信エラーの理解

配信エラーについて

配信をプロファイルに送信できない場合、リモートサーバーは自動的にエラーメッセージを送信します。エラーメッセージは Adobe Campaign プラットフォームによってピックアップされ、その E メールアドレスまたは電話番号を評価して、強制隔離すべきかが判断されます。バウンスメールの選定を参照してください。

メモ

E メール​エラーメッセージ(「バウンス」)は、Enhanced MTA(同期バウンス)または inMail プロセス(非同期バウンス)で評価されます。

SMS エラーメッセージまたは SR(「ステータスレポート」の意味)は MTA プロセスによって評価されます。

アドレスが隔離された場合やプロファイルが配信上にある場合は、メッセージの準備中にを除外するこブロックリストともできます。 除外されたメッセージは、配信ダッシュボードの「Exclusion logs」タブに表示されます(こちらの節を参照)。

関連トピック:

メッセージの配信エラーの識別

配信が送られると、「Sending logs」タブ(こちらの節を参照)で、各プロファイルの配信ステータス、関連するエラーのタイプと理由(「配信エラーのタイプと理由」を参照)を確認できます。

既製の専用レポートも用意されています。このレポートには、配信中に発生したハードエラーとソフトエラーの全般、およびバウンスの自動処理の詳細が記載されます。詳しくは、この節を参照してください。

配信エラーのタイプと理由

配信が失敗したときのエラーには次の 3 つのタイプがあります。

  • ハード:「ハード」エラーは無効なアドレスの存在を示します。このエラーは、アドレスが無効であることを明示的に示すエラーメッセージ(例:「不明なユーザー」)を伴います。
  • ソフト:これは一時的なエラーか、「無効なドメイン」または「メールボックス容量超過」など、分類が不可能なエラーです。
  • 無視:これは、「外出中」など一時的であることがわかっているエラーまたは送信者タイプが「postmaster」である場合などの技術的エラーです。

配信エラーの理由として考えられるものを以下に示します。

エラーラベル エラータイプ 説明
User unknown ハード アドレスが存在しません。このプロファイルに対する配信はこれ以上試行されません。
Quarantined address ハード アドレスは強制隔離されました。
Unreachable ソフト/ハード メッセージ配信チェーン(ドメインの一時未到達など)でエラーが発生しました。 プロバイダーから返されるエラーに従い、アドレスは強制隔離に直接送られます。また配信は、強制隔離ステータスが妥当と判断されるエラーを Campaign が受け取るまで、またはエラー件数が 5 に達するまで試行されます。
Address empty ハード アドレスが定義されていません。
Mailbox full ソフト このユーザーのメールボックスはいっぱいになっていて、メッセージをこれ以上受け入れることができません。このアドレスを強制隔離リストから削除して、再度試行できます。アドレスは、30 日後に自動的に削除されます。強制隔離されたアドレスのリストからアドレスを自動的に削除するには、Database cleanup​テクニカルワークフローを開始する必要があります。
Refused ソフト/ハード アドレスは、スパムレポートであるというセキュリティフィードバックが原因で強制隔離されました。プロバイダーから返されるエラーに従い、アドレスは強制隔離に直接送られます。また配信は、強制隔離ステータスが妥当と判断されるエラーを Campaign が受け取るまで、またはエラー件数が 5 に達するまで試行されます。
Duplicate 無視 アドレスは既にセグメントで検出されています。
Not defined ソフト エラーはまだ増加していないので、アドレスは認定対象です。 このタイプのエラーは、サーバーが新しいエラーメッセージを送信すると発生します。単独のエラーである可能性もありますが、再度発生した場合はエラーカウンターがインクリメントされ、テクニカルチームに警告されます。
Error ignored 無視 アドレスは許可リスト上にあり、場合によっては電子メールが送信されます。
Address on denylist ハード 送信時にアドレスがブロックリストに追加されました。
Account disabled ソフト/ハード インターネットアクセスプロバイダ(IAP)が長時間の無操作状態を検出した場合、ユーザーのアカウントを閉じる可能性があります。その場合、ユーザーのアドレスへの配信は不可能になります。 ソフト/ハードタイプは、受け取ったエラーの種類によって異なります。使用されていない期間が 6 ヶ月に達したのでアカウントが一時的に無効になっても、有効化できる場合は、「Erroneous」ステータスが割り当てられ、配信が再試行されます。アカウントが永続的に無効化されたことを、受信したエラーが示している場合、アカウントは強制隔離に直接送られます。
Not connected 無視 プロファイルの携帯電話は、メッセージの送信時にオフになるか、ネットワークに接続されません。
Invalid domain ソフト E メールアドレスのドメインが正しくないか、存在しません。このプロファイルは、エラーカウントが 5 にならない限り、再びターゲットになります。その後、レコードは強制隔離ステータスに設定され、以降は再試行されなくなります。
Text too long 無視 SMSメッセージの文字数が制限を超えています。 詳しくは、SMS のエンコーディング、長さ、表記変換を参照してください。
Character not supported by encoding 無視 SMSメッセージに、エンコードでサポートされていない1つ以上の文字が含まれています。 詳しくは、文字の一覧 - GSM 標準を参照してください。

一時的な配信エラーの後の再試行

無視」のタイプの一時的エラーが原因でメッセージ送信が失敗した場合は、配信期間中に再試行がおこなわれます。エラーのタイプについて詳しくは、配信エラーのタイプと理由を参照してください。

再試行の回数(送信の開始日以降に実行すべき再試行の回数)と再試行間の最小限の遅延は、特定のドメインで過去から現在まで IP がどの程度のパフォーマンスを発揮しているかに基づいて、Adobe Campaign Enhanced MTA で管理されるようになりました。Campaign の​再試行​設定は無視されます。

配信の期間を変更するには、配信または配信テンプレートの詳細設定パラメーターに移動して、「Validity period」セクションの「Delivery duration」フィールドを編集します。

重要

Campaign 配信の「Delivery duration」パラメーターは、3.5 日以下に設定した場合にのみ、使用されるようになりました。 3.5 日を超える値を定義した場合、その値は、Adobe Campaign Enhanced MTA で管理されるようになったので、考慮されません。

例えば、配信の再試行を翌日に停止させたい場合は、配信期間を 1d に設定します。Enhanced MTA はこの設定に従って、翌日再試行キューにあるメッセージを削除します。

メモ

メッセージが Enhanced MTA キューに置かれた日数が 3.5 日に達しても配信に失敗した場合は、タイムアウトになり、配信ログでのステータスは「Sent」から「Failed」に更新されます。

同期エラーと非同期エラー

配信は、ただちにエラーになることも(同期エラー)、送信後しばらくしてエラーになることも(非同期エラー)あります。

  • 同期エラー:Adobe Campaign 配信サーバーからアクセスされたリモートサーバーが即座にエラーメッセージを返します。配信をプロファイルのサーバーに送ることは許可されません。
  • 非同期エラー:バウンスメールまたは SR が受信サーバーによって後で再送信された場合です。非同期エラーは、配信の送信から 1 週間が経過するまで発生する可能性があります。

バウンスメールの選定

同期配信失敗のエラーメッセージについては、Enhanced MTA がバウンスのタイプと選定を判断し、その情報を Campaign に返します。

非同期バウンスは、引き続き「Inbound email」ルールを通じて、inMail プロセスで選定されます。これらのルールにアクセスするには、左上の Adobe Campaign ロゴをクリックしてから、Administration > Channels > Email > Email processing rules​を選択し、「Bounce mails」を選択します。このルールについて詳しくは、この節を参照してください。

メモ

バウンスメールの選定は、Adobe Campaign Enhanced MTA によって管理されるようになりました。Campaign の​Message qualification​テーブルでのバウンスの選定は使用されなくなりました。

ダブルオプトインメカニズムによるメール配信品質の最適化

ダブルオプトインは、E メールを送信する際のベストプラクティスです。不正な E メールアアドレスや、無効な E メールアドレス、スパムボットからプラットフォームを保護し、スパムの苦情が報告されないようにします。

ダブルオプトインの原則は、訪問者を「プロファイル」としてキャンペーンのデータベースに保存する前に、E メールを送信して合意を確認することです。オンラインランディングページに入力した訪問者は、受信した E メールの確認リンクをクリックして購読を確定する必要があります。

詳しくは、この節を参照してください。

このページ