配信の監視

配信を監視し、その影響を測定する方法はいくつかあります。 機能管理者は、メッセージログと配信ログにアクセスできます。

注意

役割と すべてのユニットへのアクセス権を持つ機能管理者 Administration ( ​役割を持つ)のみが、送信ログ、メッセージログ、トラッキングログ、除外ログ、または購読ログにアクセスできます。 管理者以外のユーザーは、これらのログにターゲットできますが、リンクされたテーブル(プロファイル、配信)から開始できます。

  • メッセージログ:これらのログは、メッセージダッシュボードから直接アクセスできます。送信の詳細、除外されたターゲットとその理由、および開封数やクリック数などの追跡情報が表示されます。

    メッセージログを表示するには、Deployment ブロックの右下にあるアイコンをクリックします。

    いくつかのタブには、Sending logsExclusion logsExclusion causesTracking logsTracked URLs に関する情報(存在する場合)が含まれます。配信ログを参照してください。

    ログには、配信と配達確認に関するすべてのメッセージが含まれます。特別なアイコンによって、エラーまたは警告を識別できます。詳しくは、メッセージの承認を参照してください。

    Export list」ボタンをクリックすると、ログをエクスポートすることができます。

  • 配信アラート:配信の成功または失敗を追跡するために、Adobe Campaign は重要なシステムアクティビティをユーザーに通知する E メールアラートシステムを備えています。

  • レポート:メッセージダッシュボードから、この特定のメッセージに関する複数のレポートにアクセスできます。また、組み込みレポートやカスタムレポートの完全なリストにアクセスできる Reports メニューもあり、メッセージやキャンペーンに関連する特定の指標の概要を示すのに使用できます。

  • 管理者は、独自のレポートまたは BI ツールで処理できる個別のファイルにログをエクスポートすることもできます。詳しくは、ログのエクスポートを参照してください。

関連トピック:

配信ログ

ログの送信

Sending logs」タブには、この配信のすべての発生履歴が表示されます。送信されたメッセージのリストとそのステータスがここに保存されます。各受信者の配信ステータスを表示できます。

Date 列には、「Sent」ステータスを持つ各プロファイルに対してメッセージが送信された日時が表示されます。

特定の送信ログの詳細にアクセスするには、対応する行の右側にある鉛筆アイコンをクリックします。

送信ログの詳細は、すべて読み取り専用です。ミラーページのプレビューを表示することもできます。

メモ

ミラーページレンダリングを Campaign ユーザーインターフェイスに表示するには、ミラーページサーバーの URL がセキュリティで保護されている必要があります。この場合、ブランドを設定する際に http:// ではなく https:// を使用してこの URL を設定します。

除外ログ

Exclusion logs」タブには、送信されたターゲットから除外されたすべてのメッセージがリスト表示され、送信が失敗した理由を特定します。

除外の原因

Exclusion causes」タブには、ターゲット送信から除外されたメッセージの量(メッセージ数)が表示されます。

このページ