ワークフローセグメントに基づくレポートの作成

ワークフローを作成し、訪問者を様々なターゲットオーディエンスにフィルタリングした後、このターゲット設定ワークフローで定義されたセグメントに基づいて、マーケティングキャンペーンの効率を測定できます。
レポートにこれらのセグメントをターゲットするには:

注意

動的なレポートの使用許諾契約は、これらのデータを収集する開始に対して受け入れられる必要があります。
この契約の詳細については、ページを参照してください。

手順1:セグメントでプロファイルのカスタムリソースを更新

セグメントコードにレポートする前に、セグメントコードが保存されるように​Profiles​カスタムリソースを更新する必要があります。

  1. 詳細設定メニューのAdobe Campaignロゴから、Administration/Development/Custom resources​を選択し、Profile (profile)​リソースを選択します。

  2. Data structure​タブの​Sending logs extension​メニューで、Add segment code​をチェックして、ターゲットワークフローからセグメントコードをストレージできるようにし、動的レポートに送信します。

    Segment code​は、レポートの​Profile​ディメンションセクションで使用できます。

  3. カスタムリソースを保存します。

  4. 次に、カスタムリソースを発行する必要があります。
    詳細設定メニューで、Administration/Development/Publishing​を選択します。

  5. Prepare publication​をクリックし、準備が完了したら、Publish​ボタンをクリックします。 カスタムリソースの詳細については、ページを参照してください。

これで、セグメントコードを使用したワークフローの作成開始を作成できます。

セグメントコードは、Sending logs extension​でセグメントコードを有効にするとすぐに収集されます。

手順2:セグメントを使用したワークフローの作成

メモ

電子メール配信の入力トランジションが空の場合、デフォルトでは、前のトランジションのセグメントコードが追加されます。

まず、異なるターゲット母集団のワークフローを作成する必要があります。 ここでは、オーディエンスの年齢に応じてパーソナライズされた電子メールを送信します。1人は20歳から30歳のプロファイルの配信で、もう1人は30歳から40歳のプロファイルの人です。

  1. ワークフローを作成します。 ワークフローの作成方法の詳細については、ページを参照してください。

  2. <追加a0/>アクティビティを表示します。Query

  3. 20歳から40歳のターゲットプロファイルが、それらをより的を絞った集団に分類します。

  4. <追加a0/>アクティビティを使用して、クエリ結果を2つのターゲット母集団に分割します。 Segmentation​セグメント化について詳しくは、ページを参照してください。

  5. 重複が​Segmentation​アクティビティをクリックして設定します。 Edit properties​をクリックして、最初のセグメントを編集します。

  6. 20歳から30歳の間のクエリプロファイルが完了したら、Confirm​をクリックします。

  7. Add an element​をクリックして2番目のセグメントを作成し、上記の手順に従って30 ~ 40才のプロファイルをターゲットします。

  8. 動的なレポートを介して渡される各母集団の​Segment code​を編集します。

    メモ

    この手順は必須です。必須でない場合は、どのセグメントをレポートするかを理解できません。

  9. セグメントの後に​Email delivery​アクティビティをドラッグ&ドロップします。

  10. ターゲット母集団の種類に応じて配信をパーソナライズします。 電子メールの作成について詳しくは、ページを参照してください。

  11. ワークフローを保存します。

  12. ワークフローの準備が整ったら、Start​をクリックします。

これで、レポートにアクセスしてセグメントコードを追跡できるようになります。

手順3:セグメントをフィルターする動的レポートの作成

ワークフローで配信を送信した後、ワークフローのセグメントコードを使用してレポートを分類できます。

  1. Reports」タブからあらかじめ用意されているレポートを選択するか、Create new project​ボタンをクリックして最初から開始します。

  2. フリーフォームテーブルに​Delivery​ディメンションをドラッグ&ドロップします。

  3. 様々な指標(Open​指標や​Click​指標など)をテーブルにドラッグ&ドロップして、データのフィルタリングに開始します。

  4. Dimensions​カテゴリーで、Profile​ディメンションをクリックし、ワークフローの配信ーに​Segment code​ディメンションをドラッグ&ドロップして、ターゲット母集団に応じた電子メール配信の成功を測定します。

  5. 必要に応じて、ワークスペースにビジュアライゼーションをドラッグ&ドロップします。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free