ワークフローセグメントに基づくレポートの作成

最終更新日: 2023-12-29
  • トピック:
  • Reporting
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Intermediate
    Leader
注意

Segment code は、E メールおよび SMS 配信のみをターゲットにできます。

ワークフローを作成し、母集団を異なるターゲットオーディエンスにフィルタリングした後、このターゲティングワークフローで定義されたセグメントに基づいて、マーケティングキャンペーンの効率を測定できます。
レポートでこれらのセグメントをターゲットにするには:

注意

これらのデータの収集を開始するには、動的レポート使用契約への同意が必要です。

この契約について詳しくは、こちらを参照してください。 ページ.

手順 1:セグメントを使用したプロファイルのカスタムリソースの更新

セグメントコードのレポートを作成する前に、 Profiles 保存するセグメントコードのカスタムリソース。

  1. 詳細設定メニューのAdobe Campaignロゴから、を選択します。 Administration > Development > Custom resources​を選択し、 Profile (profile) リソース。

  2. Adobe Analytics の Sending logs extension メニュー Data structure タブ、チェック Add segment code :セグメントコードをターゲティングワークフローから保存し、動的レポートに送信できるようにします。

    The Segment code その後、 Profile ディメンションセクションで使用できます。

  3. カスタムリソースを保存します。

  4. 次に、カスタムリソースを公開する必要があります。
    詳細設定メニューから、「 」を選択します。 Administration > Development > Publishing.

  5. クリック Prepare publication 準備が完了したら、 Publish 」ボタンをクリックします。 カスタムリソースについて詳しくは、 ページ.

これで、セグメントコードを使用したワークフローの作成を開始できます。

セグメントコードは、 Sending logs extension.

手順 2:セグメントを含むワークフローの作成

メモ

E メール配信の入力トランジションが空の場合、前のトランジションのセグメントコードはデフォルトで追加されます。

最初に、異なるターゲット母集団を持つワークフローを作成する必要があります。 ここでは、オーディエンスの年齢に応じてパーソナライズされる E メールを送信します。1 つは 20 歳から 30 歳のプロファイル用、もう 1 つは 30 歳から 40 歳のプロファイル用です。

  1. ワークフローを作成します。 ワークフローの作成方法について詳しくは、 ページ.

  2. を追加します。 Query アクティビティをドラッグして、ワークスペースにドロップします。

  3. 20 歳から 40 歳のプロファイルをターゲティングし、後でそれらをよりターゲット化された母集団にセグメント化します。

  4. を追加します。 Segmentation 「 」アクティビティを使用して、クエリ結果を 2 つのターゲット母集団に分割します。 セグメント化について詳しくは、 ページ.

  5. 次をダブルクリックします。 Segmentation 「 」アクティビティを使用して設定します。 最初のセグメントを編集するには、 Edit properties.

  6. 20 歳から 30 歳までのプロファイルをクエリし、 Confirm 完了したら、

  7. クリック Add an element 2 番目のセグメントを作成し、上記の手順に従って設定して、30 歳から 40 歳までのプロファイルをターゲットにします。

  8. を編集します。 Segment code 動的レポートを使用して渡される各母集団に対して

    メモ

    この手順は必須です。必須でない場合は、レポートするセグメントを理解できません。

  9. ドラッグ&ドロップ Email delivery アクティビティを作成します。

  10. ターゲット母集団に応じて、配信をパーソナライズします。 E メールの作成について詳しくは、 ページ.

  11. ワークフローを保存します。

  12. クリック Start ワークフローの準備が整ったら、次の手順に従います。

これで、レポートにアクセスしてセグメントコードを追跡できます。

手順 3:セグメントをフィルタリングする動的レポートを作成する

ワークフローで配信を送信した後、ワークフローのセグメントコードを使用して分類レポートを作成できます。

  1. 次から: Reports 」タブで、標準のレポートを選択するか、 Create new project ボタンをクリックして、一から開始します。

  2. 次をドラッグ&ドロップ: Delivery ディメンションをフリーフォームテーブルに追加します。

  3. テーブルに、例えば Open および Click 指標を使用して、データのフィルタリングを開始します。

  4. Adobe Analytics の Dimensions カテゴリの Profile ディメンションをドラッグ&ドロップします。 Segment code ディメンションを使用して、ターゲット母集団に応じて e メール配信の成功を測定します。

  5. 必要に応じて、ワークスペースにビジュアライゼーションをドラッグ&ドロップします。

このページ