コンポーネントの追加

コンポーネントは、様々なディメンション、指標および期間でレポートをカスタマイズするのに役立ちます。

  1. Components」タブをクリックして、コンポーネントのリストにアクセスします。

  2. Components」タブに表示される各カテゴリには、最もよく使用される5つの項目が表示されます。カテゴリの名前をクリックすると、コンポーネントの完全なリストにアクセスできます。

    コンポーネントの表は、次の4つのカテゴリに分かれています。

    • Dimension:受信者のブラウザーやドメイン、配信の成功など、配信ログから詳細を取得します。

    • 指標:メッセージの状態の詳細を取得します。例えば、メッセージが配信され、ユーザーがメッセージを開いた場合です。

    • Segments:受信者の年齢範囲に応じてデータをフィルターします。Segments は、フリーフォームテーブルまたはパネルの上部バーに直接ドラッグ&ドロップできます。デフォルトでは、Exclude proof​セグメントは既に選択されていますが、必要に応じて変更できます。

      このカテゴリは、画面に表示される動的レポート使用許諾契約の条件を管理者が承認した場合にのみ使用できます。 管理者が契約を却下すると、セグメントは「Components」タブに表示されず、データは収集されません。

    • 時間:テーブルの期間を設定します。

  3. コンポーネントをパネルにドラッグ&ドロップして、データのフィルタリングを開始します。

必要な数のコンポーネントをドラッグ&ドロップして相互に比較できます。

関連トピック:

このページ