サービスの作成

サブスクリプションを管理するには、まずサービスを作成し、設定する必要があります。新しいサービスを設定すると、プロファイルがサービスを登録または登録解除する際に受け取る電子メール確認を指定できます。また、サービスにリンクされている購読と購読解除のランディングページも定義します。例えば、電子メールにサービスサブスクリプションリンクを挿入すると、サービスで指定されたサブスクリプションランディングページにプロファイルが自動的に誘導されます。

動画でこの機能を確認する

サービスを設定するには、次の手順に従います。

  1. Adobe Campaign のロゴから、詳細設定メニューの Profiles & audiencesServices を選択し、新しいサービスを追加するか、既存のサービスを選択します。新しいサービスを作成する場合は、画面に表示される手順に従います。

    デフォルトのサービステンプレートを使用できます。このテンプレートには、デフォルトのランディングページと確認電子メールが事前設定されています。その他のテンプレートを作成して、特定の設定を定義することもできます。詳しくは、テンプレートの管理の節を参照してください。

  2. サービスダッシュボードの「Service properties」ボタンから「」セクションにアクセスして、購読および購読解除の確認メッセージを設定します。

  3. サブスクリプションの有効期間を設定するには、この「Subscriptions with an expiration date」オプションを選択します。

    セグメント化アクティビティの有効期限を使用すると、期限切れでないサービスを登録しているプロファイルをターゲットに設定できます。

  4. Service label」フィールドに値を入力します。カスタムの確認メッセージを使用する場合、サービスラベルは必須です。

  5. 購読および購読解除の確認メッセージテンプレートを選択します。次の 3 つのモードを選択できます。

    • No message:このモードを使用すると、確認メッセージを表示せずにサービスを作成できます。

    • Default message:このモードでは、デフォルトの購読または購読解除確認トランザクションメッセージが使用されます。デフォルトの確認メッセージは汎用で、デフォルトのモードを使用するすべてのサービスで同じになります。

      メモ

      デフォルトのメッセージを変更するには、「Service properties」セクション内のラベルをクリックするか、「Show internal transactional messages」ボックスをオンにした後で Adobe Campaign トランザクションメッセージリストからデフォルトのメッセージを選択します。

    • Custom message:このモードでは、各サービス特有のカスタム確認メッセージを処理できます。次に、特定のトランザクションメッセージテンプレートに関連付けられている Custom subscription event configuration を選択します。詳しくは、サービスのサブスクリプションを確認を参照してください。

  6. サービスを保存します。これで、使用できる状態になりました。

サービスが作成されたら、そのサービスのプロモーションを開始できます。

関連トピック:

チュートリアルビデオ

このビデオでは、サービスを作成し、その購読を管理する方法を示します。

追加のCampaign Standardハウツービデオはこちらで参照できます。

このページ