ターゲティングディメンションとは異なるリソースの使用

この使用例では、離れたテーブル内の特定のレコードを検索する場合など、ターゲティングディメンションとは異なるリソースを使用する方法を示します。

ターゲティングディメンションとリソースについて詳しくは、 この節を参照してください

例 1:配信が「お帰りなさい」というラベルでターゲットするプロファイルの識別

  • この場合、プロファイルをターゲットします。ターゲティングディメンションを Profiles (profile) に設定します。
  • 配信のラベルに従って、選択したプロファイルをフィルターします。したがって、リソースを Delivery logs に設定します。フィルタリングを配信ログテーブルで直接おこなうことで、パフォーマンスが向上します。

例 2:配信が「お帰りなさい」というラベルでターゲットしなかったプロファイルの識別

前の例では、ターゲティングディメンションとは異なるリソースを使用しました。この操作は、距離テーブル(この例では配信ログ)に​存在する​レコードを検索する場合にのみ実行できます。

距離テーブルに​存在しない​レコード(特定の配信がターゲットしなかったプロファイルなど)を検索する場合は、距離テーブル(配信ログ)にレコードが存在しないので、同じリソースとターゲティングディメンションを使用する必要があります。

  • この場合、プロファイルをターゲットします。ターゲティングディメンションを Profiles (profile) に設定します。
  • 配信のラベルに従って、選択したプロファイルをフィルターします。配信ログテーブルに存在しないレコードを検索するので、配信ログを直接フィルターすることはできません。したがって、リソースを Profile (profile) に設定し、プロファイルテーブルでクエリを作成します。

このページ