年齢層別のセグメント化

次の例は、年齢グループに基づくデータベースプロファイルのセグメント化を示しています。

このワークフローの目的は、各年齢グループに対して特定の E メールを送信することです。このワークフローがテストキャンペーンの一部であることを考慮し、各セグメントには、制限された代表的なオーディエンスを同時に使用するためにランダムに選択された最大 100 人のプロファイルのみを含めることができます。

ワークフローは、次の要素で構成されています。

  • ワークフローの実行日を指定するスケジューラーアクティビティ

  • 誕生日と電子メールアドレスが入力された人のターゲットプロファイルに対するクエリアクティビティ。

  • セグメント化アクティビティを使用して、異なるアウトバウンドトランジションに分割された3つのセグメントを作成します。18-25歳、26-32歳、32歳以上のプロファイル。 セグメントは、次のパラメーターに従って定義されます。

    • セグメントの年齢グループを定義する年齢に関するフィルター

    • Maximum size の上限(100)にリンクされた Random sampling タイプ制限

  • セグメントごとの電子メール配信アクティビティ。

このページ