外部シグナルとデータのインポート

以下に、「External signal」アクティビティの一般的なユースケースを示します。ソースワークフローでデータインポートが実行されます。インポートが完了し、データベースが更新されると、2 番目のワークフローがトリガーされます。この 2 番目のワークフローでは、インポートされたデータを対象として集計を更新します。

ソースワークフローは次のとおりです。

  • ファイル読み込み」アクティビティで、新規の購入データを含んだファイルをアップロードします。なお、デフォルトではデータマートに購入データが存在しないので、適宜データベースが拡張されています。

    例:

    tcode;tdate;customer;product;tamount
    aze123;21/05/2015;dannymars@example.com;A2;799
    aze124;28/05/2015;dannymars@example.com;A7;8
    aze125;31/07/2015;john.smith@example.com;A7;8
    aze126;14/12/2015;john.smith@example.com;A10;4
    aze127;02/01/2016;dannymars@example.com;A3;79
    aze128;04/03/2016;clara.smith@example.com;A8;149
    
  • 紐付け」アクティビティで、インポートしたデータとデータベースの間にリンクが作成されます。その結果、トランザクションデータがプロファイルおよび製品に正しく接続されるようになります。

  • データ更新」アクティビティによって、データベースのトランザクションリソースが挿入され、受信データで更新されます。

  • 終了」アクティビティは、集計の更新に使用される宛先ワークフローをトリガーします。

宛先ワークフローは次のとおりです。

  • 外部シグナル」アクティビティは、ソースワークフローが正常に完了するのを待ちます。
  • クエリ」アクティビティで、プロファイルをターゲットとし、コレクションセットでエンリッチメントを実行して最終購入日を取得します。
  • データ更新」アクティビティで、専用のカスタムフィールドに追加データを保存します。なお、プロファイルリソースは、「最終購入日」フィールドを追加するために拡張されています。

このページ