オーディエンスの閲覧

説明

Read audience」アクティビティを使用すると、既存のオーディエンスを取得し、追加のフィルター条件を適用してそのオーディエンスを絞り込むことができます。

使用状況

Read audience」アクティビティは「Query」アクティビティを単純にしたもので、既存のオーディエンスの選択だけが必要な場合に使用します。

関連トピック

設定

  1. ワークフローに「Read audience」アクティビティをドロップします。

  2. アクティビティを選択し、表示されるクイックアクションの ボタンを使用して開きます。

  3. Properties」タブから取得するオーディエンスを選択します。

    取得できるオーディエンスのタイプは ListQueryFileExperience Cloud です。オーディエンスのタイプの詳細については、オーディエンスのドキュメントを参照してください。

    Use a dynamic audience」オプションを使用すると、ワークフローのイベント変数に基づいて、ターゲットにするオーディエンスの名前を定義できます。For more on this, refer to this page section.

  4. 選択したオーディエンスに追加のフィルターを適用する場合は、アクティビティの「Source filtering」タブで条件を追加します。

    フィルター条件の作成について詳しくは、クエリの作成のドキュメントを参照してください。

  5. アクティビティの設定を確認し、ワークフローを保存します。

このページ