開始および終了

説明

Start」アクティビティと「End」アクティビティを使用すると、ワークフローの開始点および終了点を明確に示すことができます。

使用状況

ワークフローの実行がインバウンドトランジションを使用しないアクティビティで開始され、進行中のタスクがなくなると停止します。ただし、ワークフローの開始点と終了点を明確に示すために、「Start」アクティビティと「End」アクティビティを追加することができます。これは、比較的複雑なワークフローで特に役立ちます。

ワークフローが正しく終了するように、最後のトランジションをそのままにしておく代わりに「End」アクティビティを使用することをお勧めします。

設定

  1. ワークフローに「Start」アクティビティまたは「End」アクティビティをドラッグ&ドロップします。
  2. クエリなどの他のアクティビティの前に「Start」アクティビティを配置し、一連のアクティビティの後に「End」アクティビティを配置します。
  3. アクティビティを選択し、表示されるクイックアクションの ボタンを使用して開きます。
  4. End オブジェクトを設定して、ワークフローの進行中のタスク(完了していないタスクを含む)をすべて中断することができます。これを実行するには、対応するオプションを選択します。
  5. アクティビティの設定を確認し、ワークフローを保存します。

別のワークフローのトリガー

End」アクティビティの「External signal」タブを使用して、別のワークフローをトリガーできます。外部シグナルの節を参照してください。

次の例は、「Start」アクティビティと複数の「End」アクティビティを使用して複雑なワークフローを実行する方法を示しています。最初の「End」アクティビティの「Stop all tasks in progress」チェックボックスにチェックが入っています。対応するタスクが完了すると、ワークフロー全体が停止します。 ボタンが選択された場合と同じ効果が得られます(アクションバーの節を参照)。

このページ