ファイルを転送

説明

Transfer file」アクティビティを使用すると、ファイルの送受信、ファイルの有無のテスト、Adobe Campaign 内のファイルの一覧表示ができます。

使用状況

データの抽出方法は、アクティビティの設定時に定義されます。読み込むファイルとしては、例えば連絡先のリストなどがあります。

このアクティビティを使用すると、データが回復され、「Load file」アクティビティで構造化されます。

関連トピック:

設定

  1. ワークフローに「Transfer file」アクティビティをドロップします。

  2. アクティビティを選択し、表示されるクイックアクションの ボタンを使用して開きます。

  3. Action」フィールドのドロップダウンリストを使用して、次のアクティビティ操作のいずれかを選択します。

    • ファイルのダウンロード:ファイルをダウンロードできます。
    • ファイルのアップロード:ファイルをアップロードできます。Adobe Campaign ファイルからファイルをアップロードすると、Export audits メニューにログエントリが生成されます。エクスポートの監査について詳しくは、エクスポートの監査の節を参照してください。
    • テストによりファイルの存在を確認:ファイルが存在するかどうかを確認できます。
    • ファイルリスト:「Protocol」タブで定義されたサーバーに存在するファイルをリストできます。この操作は主にデバッグ目的で使用され、リモートサーバーからファイルをダウンロードする前に、要件を満たすようにアクティビティが設定されているかどうかを確認します。
  4. 使用するプロトコルを選択します。

  5. 選択したプロトコルによっては「Additional options」セクションが使用できます。このセクションではプロトコルにパラメータを追加できます。次の操作をおこなうことができます。

    • Delete the source files after transfer
    • Disable passive mode
    • List all files:このオプションは、「General」タブで「File listing」アクションを選択する場合に使用できます。サーバー上に存在するすべてのファイルのインデックスを vars.filenames イベント変数に作成できます。この変数では、ファイル名が 'n' 文字で区切られています。
  6. Advanced options」タブの「If no files are found」セクションでは、アクティビティの起動時にエラーや存在しないファイルが検出された場合の特定のアクションを設定できます。

    また、再試行も定義できます。ワークフローの実行ログに各種の再試行が表示されます。

  7. アクティビティの設定を確認し、ワークフローを保存します。

HTTP を使用した設定

HTTP プロトコルを使用すると、外部アカウントまたは URL からファイルをダウンロードできます。

このプロトコルでは、Use connection parameters defined in an external account​オプションを選択できます。 この場合、目的のアカウントを選択し、ダウンロードするファイルのパスを指定します。

また、「Quick configuration」オプションを選択することもできます。必要なのは「URL」フィールドに URL を入力することだけです。

SFTP を使用した設定

SFTP プロトコルを使用すると、URL または外部アカウントからファイルをダウンロードできます。

このプロトコルでは、Use connection parameters defined in an external account​オプションを選択してから、目的のアカウントを選択し、ダウンロードするファイルのパスを指定できます。

注意

ワイルドカードを使用できます。

また、「Quick configuration」オプションを選択することもできます。必要なのは「URL」フィールドに URL を入力することだけです。

Amazon S3 を使用した設定

Amazon S3 プロトコルを使用すると、Amazon Simple Storage Service(S3)を使用して URL または外部アカウントからファイルをダウンロードできます。

  1. Amazon S3 外部アカウントを選択します。詳しくは、このページを参照してください。

  2. Define a file path」または「Use a dynamic file path」を選択します。

  3. ダウンロードするファイルのパスを指定します。

    注意

    ワイルドカードはAmazon S3ではサポートされていません。

    my_file_02my _file_3433など、複数のファイルをターゲットにする場合は、次の構文を使用できます。acs-myawsbucket.s3.amazonaws.com/object-path/my_file_.

  4. 転送の完了時にソースファイルを削除する場合は、「Delete the source files after transfer」をオンにします。

Microsoft Azure Blob Storage を使用した設定

Microsoft Azure Blob プロトコルを使用すると、Microsoft Azure Blob Storage アカウントにある BLOB にアクセスできます。

  1. Microsoft Azure Blob 外部アカウントを選択します。詳しくは、このページを参照してください。

  2. Define a file path」または「Use a dynamic file path」を選択します。

  3. ダウンロードするファイルのパスを指定します。複数の BLOB と一致する場合があります。この場合、「File transfer」アクティビティは、BLOB が見つかるたびに送信トランジションをアクティブ化します。その後、アルファベット順に処理されます。

    注意

    ワイルドカードを使用して複数のファイル名と一致させることはできません。代わりに、プレフィックスを入力する必要があります。そのプレフィックスに一致するすべての BLOB 名が対象です。

    以下のリストはファイルのパスの例です。

    • "campaign/":コンテナのルートにある Campaign フォルダー内のすべての BLOB と一致します。
    • "campaign/new-":ファイル名が「new-」で始まり、Campaign フォルダーの下にあるすべての BLOB と一致します。
    • "":空のパスを追加すると、コンテナで使用可能なすべての BLOB と一致します。

Adobe Campaign サーバー上に存在するファイルを使用した設定

File(s) present on the Adobe Campaign server」プロトコルは、回復するファイルを含むリポジトリに対応します。
メタ文字、ワイルドカード(* や ? など)を使用して、ファイルをフィルターできます。

必要に応じて「Define a file path」または「Use a dynamic file path」を選択します。
Use a dynamic file path」オプションを選択すると、標準の式やイベント変数を使用して、転送するファイルの名前をパーソナライズできます。詳しくは、このページを参照してください。

パスは、Adobe Campaign サーバーのストレージスペースディレクトリを基準とした相対パスである必要があります。ファイルは、sftp<インスタンス名>/ ディレクトリにあります。また、ストレージ領域より上のディレクトリを参照することもできません。

例:

user&lt;yourinstancename>/my_recipients.csv が正しい。

../hello/my_recipients.csv が正しくありません。

//myserver/hello/myrecipients.csv が正しくありません。

履歴化設定

Transfer file」アクティビティが実行されるたびに、アップロードされたファイルまたはダウンロードされたファイルが専用のフォルダーに保存されます。ワークフローの「Transfer file」アクティビティごとに 1 つのフォルダーが作成されます。したがって、サーバー上の物理領域を保持するために、このフォルダーのサイズを制限できるようにする必要があります。

そのためには、「Transfer File」アクティビティの Advanced options で「Historization settings」を定義します。

Historization settings」では、アクティビティのフォルダーのファイルの最大数または合計サイズを定義できます。デフォルトで許可されている値はそれぞれ 100 個と 50 MB です。

このアクティビティを実行するたびに、次のようにフォルダーがチェックされます。

  • アクティビティ実行の 24 時間前までに作成されたファイルのみが対象です。
  • 対象となるファイルの数が「Maximum number of files」パラメーターの値より大きい場合、許可されている「Maximum number of files」の値におさまるまで、古いファイルから順に削除されます。
  • 対象となるファイルの合計サイズが「Maximum size (in MB)」パラメーターの値より大きい場合、許可されている「Maximum size (in MB)」の値におさまるまで、古いファイルから順に削除されます。
メモ

アクティビティを再実行しない限り、フォルダーはチェックされず、消去もされません。そのため、大きなファイルを転送する場合は注意してください。

出力変数

Transfer file​アクティビティは、出力としてイベント変数を生成します。例えば、テストアクティビティを使用して、ダウンロードしたファイルの数を確認する場合など、他のアクティビティで利用できます。

イベント変数は、外部シグナルを使用して別のワークフローに渡すこともできます(外部パラメーターを使用したワークフローのカスタマイズを参照)。

使用可能な出力変数は次のとおりです。

  • fileName:転送されたファイルの名前。
  • filesCount:転送されたファイルの数。

このページ