イベント変数の監視

宣言された外部パラメーターを含め、ワークフローで使用可能なイベント変数を監視できます。 これは、次の手順に従って行います。

  1. External signal​アクティビティに続くアクティビティを選択し、「Log and tasks」ボタンをクリックします。

  2. Tasks」タブで、「」ボタンをクリックします。

  3. タスクの実行コンテキスト(ID、ステータス、期間など)が表示されます。これには、ワークフローで使用できるすべてのイベント変数が含まれます。

このページ